神宮前矯正歯科
神宮前矯正歯科Top > 裏側矯正日記集 > ブログ記事一覧 > 第8回 ポケットの中にはいつも・・・

第8回 ポケットの中にはいつも・・・



装置を付けてから最初にやってくる、どうしても避けられないもの・・・。

それは 口内炎 です 

程度は個人差がありますが、表側の装置を付けるとほっぺたの裏に、裏側の装置を付けると舌の側面にできるそうです。

私は仕事でも話をする機会が多いので、仕事が終わる頃になると、特に舌にできる口内炎は、朝ひとつだけだったのが3〜4つに増殖しいて大きなひとつの口内炎のようになっていました。

そこで私の救世主となったのが ワックス です 

これは透明な粘土のような、少し柔らかいろうのようなスティック状のものを小さくちぎって丸め、口内炎の原因になる、お口の中で当たってしまう装置の一部にピタッと貼ってカバーのようにかぶせてしまいます。

するといつも当たって気になっていた箇所が滑らかになって口内炎も防ぐことができるのです 
飲食の時はワックスを取り除き、食後の歯磨き後、また新しくちぎって貼ります。

最初はワックスも慣れなくて奥の歯に付けるときはオエッとなってしまったり、ちぎったのが大きすぎてすぐ取れてしまったりでしたが、だんだんちょうどいいサイズが分かってきて、ササッと付けられるようになりました。ワックスを付ける前に装置の水分をよく取り除くのがコツです!
特に味はなく、違和感もないので取るのをすっかり忘れて一緒に食べてしまってこともありました

しかしこのワックスに頼ってばかりいると、いつまでもお口の中が装置に慣れないので、徐々に小さくしたり使う回数を少しずつ減らしていき、慣らしていきます。

お口の中の傷や口内炎は意外と早く治ってしまいます。唾液の働きなのかもしれませんね。
1週間くらいですっかり口内炎はだいぶ治まりました。

小さい頃からエビフライなどカリカリ&サクサクなものを食べただけで上あごが皮むけたり、食事しながらほっぺたを噛んでしまったりするとすぐ口内炎ができて、元々口の中の弱さに悩まされていましたが、口内炎を乗り越え、少しお口の中が頑丈になった気がしました 

装置にもだいぶ慣れてきましたが、時々お喋りしすぎる日があるとまた口内炎が「喋りすぎ」と知らせてくれます

そんな時はまたワックスに登場していただきます。

ポケットにはいつもワックスがスタンバイしていてくれるので安心です

今すぐ!! 無料カウンセリング予約
今すぐ!! 無料カウンセリング予約
▲このページの最上部へ
見えない矯正
歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正
神宮前矯正歯科
こだわり
プロフェッショナル
技術
日本矯正歯科学会 専門医
患者様の声
学会・発表
メディア掲載
予約受付
日本先進矯正歯科学会
治療例
世界一わかりやすい矯正の本
サイト内検索
メンバーのブログ
IWI矯正歯科 WEB SITE OPEN!
探求心とこだわり〜最先端の裏側矯正〜
NEW OPEN! IWI 矯正歯科紹介 MOVIE
オリジナルストーリー〜矯正治療を始めたい方へ〜
舌側矯正・インプラント矯正を学びたい先生 大募集!!
求人情報
神宮前矯正歯科Twitter 神宮前矯正歯科Facebookページ
PageTop