神宮前矯正歯科

第11回 お話のしかた

裏側矯正の悩み・・・それは、話しづらくなることです。

ホスピタリティの方から、お話がしづらくなる場合があること、そしてだいたいの方が1ヶ月もすると慣れていくということは聞いていましたが、実際にご自身が話しにくい状態になると「本当に慣れるのかしら・・・」と心配になります。

裏の装置を付けたとき、以前にも書いたようにあまりに話せなくて戸惑いました。歯の間から空気が抜けるような、入れ歯の調子が良くないおばあちゃんみたいなしゃべり方になってしまい、自分でも笑ってしまいました

仕事がら、患者さんに聞き取りやすくお話することが不可欠なので、おうちでおしゃべりの練習をしました。
はっきり発音するために大きく口を動かすように意識して話したり、「タタタタチチチチツツツツ・・・」と苦手な発音を連続して言ってみたりしました。最初はなかなか話せなくてイライラしたりもありますが、少しずつ舌の位置をずらして発音してみると「ここだ!」という位置が見つかります。
最初はいつも発音していた感覚とは異なるので変な感じがしますが、だんだん慣れてきます。

少し慣れてきたら、次は何かを読み上げてみます。
自分の言葉で話すのとは違って決まった文章を読むのも、最初は力が入ってしまい、なかなか難しいのでいい練習になります。本を声を出して読むのもいいそうです。
私は、書類を読み上げて練習しました。「○○とさせていただきます」など発音しにくい言い回しが分かってきます。

そしてお勧めなのが「カラオケ」です。マイクを通して聞こえてくる自分の声が、どの言葉が発音できていないかをしっかり教えてくれます
あとは「上手く歌いたい!」という気持ちが、どんどん発音を良くするお助けとなってくれます。
これは他の人も言っていたので、効果は期待できますよ。

あとは気持ちの問題です。自分では「変かしら」と感じていても,案外まわりの方にはスムーズに聞こえている場合もあります。
もし少し落ち込むときがあったら、神宮前矯正歯科に行った際にそっと他の患者さんや神宮前矯正歯科で矯正をしているスタッフの方のお話を聞いてみてください。皆さんきれいにお話されています。
少し経てばいつのまにかそんなふうになっていることと思います。

今すぐ!! 無料カウンセリング予約
今すぐ!! 無料カウンセリング予約
▲このページの最上部へ
見えない矯正
歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正
神宮前矯正歯科
こだわり
プロフェッショナル
技術
日本矯正歯科学会 専門医
患者様の声
学会・発表
メディア掲載
予約受付
日本先進矯正歯科学会
治療例
世界一わかりやすい矯正の本
サイト内検索
メンバーのブログ
IWI矯正歯科 WEB SITE OPEN!
探求心とこだわり〜最先端の裏側矯正〜
NEW OPEN! IWI 矯正歯科紹介 MOVIE
オリジナルストーリー〜矯正治療を始めたい方へ〜
舌側矯正・インプラント矯正を学びたい先生 大募集!!
求人情報
神宮前矯正歯科Twitter 神宮前矯正歯科Facebookページ
PageTop