神宮前矯正歯科
神宮前矯正歯科Top > 舌側矯正日記集 > ブログ記事一覧 > 第12回 アンカースクリュー

第12回 アンカースクリュー

とうとうアンカースクリューしました!

「アンカースクリューするよ」と先生に言われてから数日間、「ここにこうやって、こうなるから・・・いやいやこうなるかもな・・・」と、もう充分過ぎるくらいイメージトレーニングを重ねてきました。

そしていよいよ当日。
いざ診療室へ。朝から緊張でオロオロしていましたがもう本番です。まずは麻酔の注射がチクッとしないための軽い麻酔を塗りました。

そして本当の麻酔です。私は上あごにアンカースクリューをします。コレを軸にして反抗的に飛び出てはえている右上の奥歯をぐいぐい動かしていくのです。
最初の頃、お伝えしたように、私は極度のオエッとなりやすい体質です。装置を付けてから数ヶ月、だいぶお口の中は慣れてきたかと思っていたのですが、オエのつぼは上あごの奥にあるので麻酔の針が近づくたびに実際にはまだ触っていないのにオエが止まりません。
患者さんにはめったにないタイプのようで先生も困っていました。よし!と気合を入れ、挑みました。
少しずつ様子を見ながら麻酔をしてもらいました。麻酔が効いてくるともうオエのつぼも感覚がなくなり落ち着いてきました。

いよいよです。スーッと何かが上あごに入ってきました。「お口ゆすいでいいよー」と言われゆすいで「もう終わったんですか?早かったー」と言うと「まだ麻酔だよ」とのこと。とんだ勘違いでした。
今度は本当にアンカースクリューです。アンカースクリューを入れる穴をあけます。ゆっくりスーッと上あごに通っていきます。緊張で目はぎゅーっと閉じていましたが、クリエーターさんが途中途中、声をかけてくれたので安心できました。鼻の通りがよくなったようなスッとした感覚がありました。そしてアンカースクリューをいれました。
「はい、終わったよー」と声が聞こえました。フッーと力が抜けました。

上あごに小さなボタンが付いたような感覚です。麻酔が切れる頃、少しだけジーンとしたので1度だけ痛み止めを飲みましたが、麻酔が切れてすぐごはんは食べれました。その後は痛みも腫れも出血もありません。
みなさん、これなら大丈夫です!と自信をもって言えます。

緊張してかなり口を開けるのに力が入っていたのか、アンカースクリューよりも顎が疲れまてしまいました。
これから小さいアンカースクリューをする方へ、緊張せずリラックスして頑張ってください。あっというまですよ!

今すぐ!! カウンセリング予約
▲このページの最上部へ
舌側矯正
歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正
神宮前矯正歯科
こだわり
プロフェッショナル
技術
日本矯正歯科学会 専門医
患者様の声
日本先進矯正歯科学会
学会・発表
予約受付
メンバーのブログ
IWI矯正歯科 WEB SITE OPEN!
探求心とこだわり〜最先端の裏側矯正〜
NEW OPEN! IWI 矯正歯科紹介 MOVIE
オリジナルストーリー〜矯正治療を始めたい方へ〜
舌側矯正・インプラント矯正を学びたい先生 大募集!!
求人情報
PageTop
神宮前矯正歯科Twitter 神宮前矯正歯科Twitter 神宮前矯正歯科Facebookページ