神宮前矯正歯科

第28回 調整パート10

10回目の調整です。

すみません
今回はあまり治療の内容を覚えていないのです。
なぜなら今日は下の歯のそばにインプラントをする日だからです
前回の調整で言われていたので心の準備が出来ていたはずなのですが・・・。
やっぱり緊張してしまいます。

まずはお口の様子を診てもらいます。
お口の中の状況によっては「今回はインプラントなしにしましょう!」ということもあるので、それを期待しつつ、お口を開けながら先生が話すことを耳をダンボにして聞いていました。

「早いねー、予想以上に動いているなぁ、うん、うん・・・・うん」
なかなか私の気になる言葉はでてきません・・・。
早いということはどうなの??するのかしら、しないのかしら???

「で、どうですか?」
と聞くと、
「うん、するよ!」
やっぱりね・・・

それからはあまり覚えてません。
いつワイヤーを外したのか、付け替えたのか・・・
あっという間にいつもの処置は終わり、あっという間に麻酔の前の表面麻酔を塗られました。
説明はほとんど聞こえていなかったので、「あ、今塗られた!」と麻酔の感覚で気づきました。
麻酔も痛がりの私に先生は少し多めにしてくれました。
今回は下の3番目と4番目の間の外側の歯茎の部分に埋入します。





画面の真ん中に見えるドライバーのようなものでクリックリッと入れていきます。
痛みは全くなく、片方1分かかりません。数十秒です。
左側は歯の根っこが元々曲がっていたので少し下のほうに埋めました。
あっという間に終わりました。緊張し損なくらいあっというまでした。



歯茎のところにちょこんと付いているのがインプラントです。
ここにゴムや細いワイヤーをかけて歯をコントロールしていきます。

そのあとは麻酔が効いて下唇が全く言うことをききません。
歯を抜いたとき以来の忘れていた感覚です。
自分の感覚ではいかりや長介なみに下唇が出ている感覚で、でも鏡を見ると何でもありません。
うがいをしようとすると勝手にピューっとお水が出てしまいます。
治療後のお口の中の写真を撮るのが難しくて、唇にひっかけるクリップが何回も取れてしまい、かけなおそうとすると今度はお口の中にいれた鏡でオエッとなって、そしてまたクリップがとれて・・・の繰り返しです。
お手数かけました。

私が打った箇所は口内炎になりやすいところだったので、インプラントにカバーをしてもらいました。
これで安心です。



おうちへ帰ってからは麻酔が切れて楽になりました
まだ入れたばかりなので違和感がありますが、これならまたすぐ慣れそうです。
またひと山超えられた安堵感で、その日は爆睡でした

今すぐ!! 無料カウンセリング予約
今すぐ!! 無料カウンセリング予約
▲このページの最上部へ
見えない矯正
歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正
神宮前矯正歯科
こだわり
プロフェッショナル
技術
日本矯正歯科学会 専門医
患者様の声
学会・発表
メディア掲載
予約受付
日本先進矯正歯科学会
治療例
世界一わかりやすい矯正の本
サイト内検索
メンバーのブログ
IWI矯正歯科 WEB SITE OPEN!
探求心とこだわり〜最先端の裏側矯正〜
NEW OPEN! IWI 矯正歯科紹介 MOVIE
オリジナルストーリー〜矯正治療を始めたい方へ〜
舌側矯正・インプラント矯正を学びたい先生 大募集!!
求人情報
神宮前矯正歯科Twitter 神宮前矯正歯科Facebookページ
PageTop