神宮前矯正歯科
神宮前矯正歯科Top > 神宮前矯正歯科 > 矯正中のレシピ > 第4回 - 「きのことはんぺんの豆乳クリームソース」と「きのこの炒り豆腐」

矯正中のレシピ

矯正してたっておいしいものを食べた〜い!

第4回 - 「きのことはんぺんの豆乳クリームソース」と「きのこの炒り豆腐」

HAPPY SMAILEをご覧になっている皆さん、こんにちは。スマイルコーディネーターの瀬野です。秋もだいぶ深まって寒くなってきましたね。レシピを書くようになり、患者様に色々情報を教えていただいておりますが、この前矯正治療のつよーい見方になってくれる素材を教えていただき試してみたのでちょっと紹介したいと思います。
素材は何かというと『ニョッキ』です。最初から作るのはなかなか大変かと思いますが、市販されているものでもとても美味しかったです。私は渋谷の東急東横店の成城石井で購入しました。ひとつ303円でした。好きなパスタソースをかけて食べられますし、ゆでる時間も5分くらいでとっても簡単でした。(沸騰したお湯に塩を入れ、ニョッキを入れ浮いてきたら茹で上がりです。硬さはお好みで・・・)454gで2〜3回分あります。
情報を提供してくれましたS様に感謝です☆S様のお気に入りは、トマトソースとバジルのソースを合わせて召し上がる組み合わせだそうです。
軟らかく、お餅のような弾力はないので痛みも少ないと思います。腹もちもよくお弁当にもいいアイテムだと思います。ぜひぜひ試してみてください。

303円で購入したニョッキ(中身は入ってないです)→

今回のレシピは、寒くなったら食べたくなるクリーム系のレシピと、豆腐を使ったレシピです。
では材料と作り方です。


きのことはんぺんの豆乳クリームソース

玉ねぎ・・・・・1/2個
ぶなシメジ・・・1/2袋
しいたけ・・・・2枚
はんぺん・・・・1袋
バター・・・・・20g
小麦粉・・・・・大さじ1
豆乳・・・・・・200ml
コンソメ・・・・1個

きのこ類は食べやすい大きさにしておく シメジは1〜2本位にばらして、しいたけは薄切りに。石突はとる
たまねぎは薄切りにする
バターを1/3使いきのこ類を炒める ハンペンを一口大に切って入れ炒める  ある程度炒めたらお皿に出しておく
バターを2/3使いたまねぎを炒める(焦がさない) しんなりするまで炒めたら、小麦粉をいれてしっかり混ぜる (しっかりまぜて火を通さないと粉っぽい仕上がりになります!)
そこに豆乳を少しずつ入れていき、ホワイトソースを作ります
豆乳を入れてしっかり混ざったら コンソメをほぐしながら入れる
きのことハンペンを入れて混ぜ合わせて少し煮る 
お好みの硬さになれば出来上がり


きのこの炒り豆腐

ぶなシメジ・・・1/2袋
しいたけ・・・・2枚
サラダ油・・・・適量
豆腐・・・・・・1/2丁
だしの素・・・・1/2袋
しょうゆ・・・・大さじ2
みりん・・・・・大さじ2
酒・・・・・・・大さじ1

豆腐の水をきる (前回同様ペーパーフキンで巻き重しをして水を抜く)
フライパンに油をしいてきのこ類を炒める
水抜きした豆腐を入れて軽く炒める (炒めていきながら、豆腐をくずしていきましょう)
だしの素を入れて炒め、しょうゆ、みりん、酒、を入れて炒める 
味をみて塩気が欲しければ調節してできあがり


作ってみての感想

今回は『ニョッキ』と『ハンペン』という強力メンバーを迎え、さらに充実した矯正メニューを作ることができました。この2大スターはきっと皆様の心を和ませてくれるでしょう。(もうご存知の方も多いと思いますが・・・)ハンペンはバターで焼いただけでも美味しいし、中に何かはさむとさらに美味しい(私はチーズが好きです☆)これからはおでんにも登場して大活躍間違いなし!!
炒り豆腐もいろんな味にできるので、色々試してしてください。ツナ缶とマヨネーズと炒めても美味しそう。ひき肉を入れたらボリュームもでてよさそうだし。皆様からの情報もどんどん教えていただきたいので宜しくお願い致します。

▲このページの最上部へ
裏側矯正
歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正
神宮前矯正歯科
こだわり
プロフェッショナル
技 術
予約受付
日本舌側インプラント矯正研究会
サイト内検索
メンバーのブログ
IWI矯正歯科 WEB SITE OPEN!
探求心とこだわり〜最先端の裏側矯正〜
NEW OPEN! IWI 矯正歯科紹介 MOVIE
オリジナルストーリー〜矯正治療を始めたい方へ〜
舌側矯正・インプラント矯正を学びたい先生 大募集!!
求人情報
神宮前矯正歯科Twitter 神宮前矯正歯科Facebookページ
PageTop