神宮前矯正歯科
神宮前矯正歯科Top > 神宮前矯正歯科 > 矯正中のレシピ > 第16回 - 白菜と揚げたらのさっと煮

矯正中のレシピ

矯正してたっておいしいものを食べた〜い!

第16回 - 白菜と揚げたらのさっと煮


こんにちは

 

今日は身体に優しい『和』のお料理を紹介します

 

今が旬のたらと白菜を使った一品です。


《豆知識》
たらの切り身は、うっすらとピンクがかっていて透明感があるものが新鮮

ビタミンA、D、Eは白身魚にしては多いです。ビタミンDは、体内でカルシウムとリンの吸収を高め、血中でカルシウムとリンのバランスを調節してくれます。その為、骨粗鬆症や虫歯を防ぐはたらきがあります。ビタミンAは視力の維持や皮膚や粘膜の健康に。ビタミンDは骨や歯を丈夫にするのに欠かせない栄養素です。

白菜は体を温めてくれます。味は寒くなるほど甘みが増します。丸ごと買う時は、根元の切り口がみずみずしく、巻きがしっかりしていてずっしり重いものを、カットしてある時は、切り口の中心部を見ます。盛り上がっていないものが新鮮です。

ビタミンCが比較的多く含まれています。水分も多いので、利尿作用も期待できる他、芯の部分にはカリウムやカルシウムが豊富に含まれているので、できれば芯まで食べ切りたい野菜です。
買ってきた白菜は、新聞紙で全体を包み冷暗所で保存します。この新聞紙で包んだ状態で、だいたい3〜4週間ほど持ちます。

 

さていよいよレシピへ移ります

 

《白菜と揚げたらのさっと煮》

 

材料:白菜・・・4分の1  生だら・・・4切れ  塩少々  酒・・・大1

煮汁:出汁・・・カップ1と2分の1   醤油・・・大さじ1と2分の1   みりん・・・大さじ1

 

作り方

1】白菜をざく切りにする

2】たらは皮のぬめりを包丁の背でとり、骨をとり、一口大の削ぎ切りにする。塩と酒をふり、5分位おいてから水気を取り、小麦粉を軽くまぶし170度の油でカラッと揚げる

3】鍋にサラダ油を熱し、白菜をいため、煮汁を加えて煮立ったらたらを入れて一煮立ちして出来上がり!!

 

優しくてほっとするお料理です

きのこを入れても美味しいかも

(岩永)
 

    

 

▲このページの最上部へ
裏側矯正
歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正
神宮前矯正歯科
こだわり
プロフェッショナル
技 術
予約受付
日本舌側インプラント矯正研究会
サイト内検索
メンバーのブログ
IWI矯正歯科 WEB SITE OPEN!
探求心とこだわり〜最先端の裏側矯正〜
NEW OPEN! IWI 矯正歯科紹介 MOVIE
オリジナルストーリー〜矯正治療を始めたい方へ〜
舌側矯正・インプラント矯正を学びたい先生 大募集!!
求人情報
神宮前矯正歯科Twitter 神宮前矯正歯科Twitter 神宮前矯正歯科Facebookページ
PageTop
神宮前矯正歯科Twitter 神宮前矯正歯科Twitter 神宮前矯正歯科Facebookページ