神宮前矯正歯科
神宮前矯正歯科Top > 神宮前矯正歯科 > ニュースレター > 第10号「HAPPY SMILEへの道」第1巻---発行日2004.3.25

第10号「HAPPY SMILEへの道」第1巻---発行日2004.3.25

神宮前矯正歯科の患者様、こんにちは。
春の暖かさが心地よい季節となりました。神宮前矯正歯科の向かいの神社に梅の花が咲いているのが見えます。とても明るい桃色の花を咲かせていて、春を感じさせます。
春というと、卒業と入学の季節でもありますね。神宮前矯正歯科でも、矯正装置を外された患者様はそれまでは毎月通っていただいた治療から、何ヶ月かに一度の治療となりますので、中にはこれまで通りに通院できないのが寂しいとおっしゃる方もいらっしゃいます。卒業というほどのことではありませんが、患者様が装置を外される日は、頑張って通っていただいた患者様に「お疲れ様でした。
装置が外れてよかったですね、おめでとうございます」といった言葉でお祝い申し上げております。

お口の中の見えない住人たち


位相差顕微鏡:
お口の中に住んでいる細菌を
2000倍?に拡大して見る
ことができます。

お口の中の細菌を見たことがありますか?
患者様の中には、こちらで歯磨き指導を受けられた方もいらっしゃると思います。その方たちは、顕微鏡を使って、お口の中で動いている細菌を見ていただいています。かなり、元気に動き回っているので、ほとんどの患者様が「気持ちがわるーい!!」とショックを受けられます。細菌を見てから歯磨きをがんばろうと改めて思われた方もたくさんいらっしゃると思います。
お口の中にはよい細菌と悪い細菌がいます。悪い細菌というのは、虫歯菌や歯周病菌といわれている菌です。その菌たちが塊をつくって歯を溶かしたり、歯ぐきの中に入り込んで歯をグラグラにしてしまうのです。歯磨きができていないということは、細菌にとって住みやすい環境ですので、どんどん増殖していきます。そして、はじめは痛みもないので、そのことに気が付かず、気が付いたときには、取り返しのつかないことになっていることもあります。
スタッフのほうから、治療の合間などに歯磨きについてアドバイス等がありましたら、面倒くさがらずに、是非、実行していただき、細菌の住みにくい環境(お口の中がピカピカの状態)をつくっていけるように、がんばりましょう!!

院長から

食事をした後、歯のまわりに付いているねばねばした白いもの、皆さんは磨き残しの食物と思っていらっしゃるかもしれないですが、とんでもない誤解です。
それは、プラークという細菌のかたまりなのです。位相差顕微鏡を見た方はご存知でしょうが、たくさんの細菌がうようよと活動しているのです。
また、時間とともに中の細菌も変化していきます。最初は好気性菌が優勢ですが、やがて酸素を必要としない嫌気性菌が優勢になります。それらの細菌は酵素や内毒素、免疫反応誘発物質などを出し、どんどん組織を破壊していきます。
そして歯周病が進行し、やがては歯を失うことにつながっていきます。そうならないようにするためにも、きちんと歯磨きをすることが大切です。

お願い

神宮前矯正歯科では、患者様に最新の情報を発信していきたいと考えております。
住所・メールアドレス・電話(携帯)番号・職場・保険証等変更がございましたら、必ず、受付スタッフまでお知らせください。ご協力よろしくお願いいたします。

お知らせ

今年も、アメリカ矯正学会に出席させていただきます。矯正治療先進国のアメリカで最新の治療を学び、日本に帰ってきてからの治療に活かしてゆきたいと思っております。
誠に勝手ながら、4月28日〜5月5日まで臨時休診をいただきます。休診中は皆様にご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。治療のトラブル等ないようにしていきたいと思っていますが、ワックス等ご自宅にあるかどうか、もう一度確認をお願いいたします。
5月6日13:00〜通常通り診療いたします。12:00〜電話での受付をいたしますので、何かございましたらご連絡ください。
ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

▲このページの最上部へ
裏側矯正
歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正
神宮前矯正歯科
こだわり
プロフェッショナル
技 術
予約受付
日本舌側インプラント矯正研究会
サイト内検索
メンバーのブログ
IWI矯正歯科 WEB SITE OPEN!
探求心とこだわり〜最先端の裏側矯正〜
NEW OPEN! IWI 矯正歯科紹介 MOVIE
オリジナルストーリー〜矯正治療を始めたい方へ〜
舌側矯正・インプラント矯正を学びたい先生 大募集!!
求人情報
神宮前矯正歯科Twitter 神宮前矯正歯科Facebookページ
PageTop