神宮前矯正歯科
神宮前矯正歯科Top > 神宮前矯正歯科 > ニュースレター > 第64号「HAPPY SMILEへの道」 --- 発行日2008.11.15

第64号「HAPPY SMILEへの道」 --- 発行日2008.11.15

先日、シルクドソレイユ「ZED」を鑑賞してきました。
始まる前にポップコーンとビール片手に会場に入った私でしたが。。。一口も口にせず見入ってしまうほど、震えの来る感動するショーでした。あの激しい躍動感と人間から出てくると思えない波動。
最後にはスタンディングオーベーション。自然とその場に立ち、拍手をしていた私がいました。
この世に限界はないと認識させられました。
次は「コルテオ」会場は原宿・新ビッグ・トップ。
皆様も治療の後にでも鑑賞されてみてはいかがですか?人生観が変わるかもしれません。
さて、今回もニュースレターをお楽しみください。(下田)

院長のこごと


先月号からの続き・・・今回もどうぞお楽しみください

成田空港まで迎えにいく日、待ち合わせの時間になってもラガーが来ない。電話をすると
「なにぃー! 反対の方向に行ってしまったぁー?これからタクシーで向かうー! こらーっ!」
しかしながら肝心の私は洗車がまだ終わっていない!
予定の出発時間を30分以上遅れてやっと出発。
「やばいよ、間に会わないよ」
内心ぷんぷんしながら何とか出発っ・・・・。

何とか時間通りにいけそうな兆しが見えたとき
「空港に入るのにパスポートいるよね? えっ、誰も持ってきてないの? 取りに帰ったら間に合わないし、どうするの?」
と田中が言い出しました。
「え そうなの?しょうがないよ。検問で素直に言うしかないよ」
検問で
「すみません。パスポート忘れてしまって。でも大切な人を迎えに行かなければならないので、どうしても通していただきたいのですが、お願いします」
「はあ? パスポートはいりませんよ。免許証を拝見します。大丈夫です。お入りください」
「こらーっ! た・な・か・−!」

到着予定時間にはまだ余裕が
「どんな人なのかな。世界的な建築家だから、きっと変人だよ。気難しいのかな。失礼のないようにしなければいけないよね。怒りっぽかったら嫌だなあ」
だんだん到着口が近づいてきました。
「最初はなんて言えばいいの。緊張するね。まずはラヒム様って書いたプラカードを出さないとね。こんにちわって言えばいいよね。え、プラカード出すのが恥ずかしいって?」
到着口で掲示板を見ると
「あれ、到着予定時間より45分早く着いているよ。ラヒムいる?ここは到着口Bだよ。Aについているよ。Aはどこ?やばいよ。走ろう」
もう45分前についているではありませんか、先ほどの打ち合わせどころではありません。とにかく急がねば。
Aについてみると誰もいない。
「もう、行ってしまったのかな。どうしよう」
「あの人、そうじゃない」
見るとスリムで長身の男性が立っていました。
「恥ずかしいけど、プラカードを出して!」
するとその長身の男性はニコニコしながらこちらに近づいてきました。
180cm以上の長身で、スリム、足が長くて、口元には常に微笑が。
スーツを着て、姿勢がよくかっこいい。
当の私はTシャツに短パン、それにサンダル。これから海水浴ですかぁ?
しかし彼はそんな私に嫌な顔ひとつ見せずに、手をさし伸ばして
「Nice to meet you!」
荷物を持とうとしても自分で持ち、車のトランクに入れようと持ち上げようとしたら自分で入れ、自らドアを開け、先に人をエスコートします。
「これが本当のジェントルマンか。やっぱり世界レベルの人は違うな」
車でホテルに向かう中
「先生、もう話すことがなくなってしまったのですが、何かないですか」
「そうだなあ、日本食は好きですか?何を食べたことがありますか?寿司は好きですか?寿司の中では何が好きですか?すき焼きって食べたことありますか?」
「先生、食べ物の話ばっかりじゃないですか。他に何かないんですか」
「そうだなあ。とんかつって知ってますか?」
「先生!・・・」
だって、何を話していいかわからないのだから・・・
「少し疲れましたか?長旅で疲れていませんか?」
「大丈夫ですよ」
と言っていた彼もいつしか眠りの中に・・・
ホテルについて、
「これからどうしますか」
「疲れているならゆっくり部屋で休んでもらって、後から迎えに来ますが」
「あなたたちに合わせます。すぐに打ち合わせをしたいなら急いでシャワーを浴びてきます」
きっと疲れているはずなのに、凄く気を遣ってくれて、なんてジェントルマンなのだろう。


クリニックにて
まずは現在の歯科医院を見てもらい自分たちのことをわかってもらわなければいけない。ラヒムも同じことを言いました。
「私たちは、今回たくさん話しあいをしなければいけない。あなたのことを理解しなければいけないし、あなたが何をしたいのか、どのようなものを作りたいのかを知らなければならない。私はこれからあなたにたくさんの質問をします。その中でもっとも大切なのはあなたのコンセプトです。そうして私はデザインをイメージしていきます。私はあなたの希望に添えるように全力でサポートしていきます」
私はたくさん質問をされました。開業年月日から始まり、治療の内容や、好きなもの、かっこいいと思うもの。ブランドといえば何を思いつくか。コンセプト。
神宮前矯正歯科は裏側矯正治療を専門とした歯科医院で、インプラント矯正治療を日本でもっとも多く行っている。しかしながら現状の治療には甘んぜず独自の装置の開発やインプラントの開発を行っている。インプラントに関しては世界特許を申請中である。日本から世界に向けて次世代インプラントを提案し、矯正治療の革新を行っていくことを使命としている。神宮前矯正歯科は最先端で、精密、正確な治療を行い、革新的であるが、穏やかで、優しく、最上のおもてなしを行う。そしてどんなイメージのものを作りたいかと質問されました。「最初入り口を入った瞬間は、わっと思わず引いてしまうような、斬新的で近寄り難いデザインだけど、しばらくその空間にいると心地良くなってくる。穏やかで、エレガントで、でも革新的。相矛盾するものの中にこそ、今まで見たこともないようなデザインが生まれるのでは?私はそんなものを作りたい」
「OKわかった。大丈夫だ。私にはできる」
と彼は一言で言い切りました。
その夜の食事のとき、私は彼に聞いてみました。
「あなたはドバイに近未来的なビルを2棟も立てるような世界的にとても有名な建築家だ。今回のプロジェクトは20坪しかないのに、なぜそんな小さな医院の内装を引き受けてくれたの?」
「確かに、このプロジェクトは私にとって最も小さなプロジェクトだ。
一つ目の理由は日本で初めての仕事だから。私は日本で仕事をしたかった。
二つ目の理由は表参道という場所がよかった。
そして最後の理由はあなたが歯科界を革新したいという言葉に共感した。私たちはあなたのことを調べた。
非常に革新的なことをしようとしているし、現在の内装を見ても面白い、普通の歯科医院ではない。
私たちは革新を専門の仕事としている。私は歴史の中で革新がどのようにして起こって、
どのように歴史が変化していくかを研究してきた。
20坪と小さいことは気にしないで良いよ。大きな建築には大きな建築の作り方がある。
小さなものは小さくまとめなければいけない。それは大変難しい作業で、仕事としては一緒だ。小さなものの中に最高のものを詰め込む。いわゆるジュエリーを作ることと同じだ」「ジュエリーか」
私はその言葉に感動しました。
次の日から建設会社との打ち合わせが始まりました。
私たちには前もって決めていたことがありました。最初に数社建設会社を選んでおいて、
お互いに秘密にし、絶対に接触させない。相見積もりを取ってその中から建設会社を選ぶ。談合を絶対に避ける。
これは大変な仕事です。各社に同じ説明を何回もしなければいけないのですから。
最初の打ち合わせは散々なものでした。
「日本では消防法があるからその材料は使えない。その材料も使えない。それは建築法で認められていない。それは何メートル以内でなければいけない。そこにはこれを使わなければいけない決まりがある。そんなやり方できるわけない。
もしやるとしても莫大な費用がかかる。本当に払えるんですか?」
立ちはだかる法律の壁。決り。決り。決り。
海外で認められているものがどうして日本では認められていないのか。
世界基準にしなければどんどん日本は世界から取り残されていく。
海外では簡単で安くできるものがどうして日本では作ることができないのか。
世界とのデザインの差は日本の法律に問題があったのか。
「斉宮さん、あなたのやり方は間違っています。まず、最初に日本の建築家を決めてその方が海外の建築家とのやり取りをする。建設会社の選考から、海外の建築家のデザインを日本の法律にあった方法や材料に落とし込みをする。そうすればわざわざ海外から建築家を呼ばなくても済むし、全部こちらでできる。そのほうが安上がりだ。」
あたかもあなたは何も知らないというように。
確かのそのとおりだと思う。手間もかかるし、コストもかかる。
でも僕はラヒムを信じてみようと思った。
「ラヒムだってはじめて日本に来たわけだから、日本の方法がわかるはずがないし、私たちだって何も知らないのだから。でも今までと同じ方法論を取っていたら、今までと同じものしかできないし、果たして本当に革新的なものはできるのか」
立ちはだかる多くの壁!
果たして本当にできるのだろうか。
殆ど赤子のように扱われ、鼻で笑われているのを感じた。
「絶対に変えない。絶対にやりぬく」
なんとか、次回来日のときに見積もりを出してもらうように取り決めることができました。
歯科材料会社との打ち合わせ

歯科診療台はデザインの中で重要な位置を占めます。材料会社にいくつかの候補を出してもらいました。
それをラヒムに見せると
「だめ、かっこよくない。それもだめ。それもだめ。実際のものを見てみたい」
それからが大変でした。その場で歯科メーカーに電話をかけタクシーで見に行きます。赤坂、品川、お台場、そして原宿。
結局、どれもだめ。
「イタリアから輸入できないの?」
「メインテナンスのことを考えればちょっと厳しいと思うけど」
「あなたの好きなものを選んでいいよ。それにあわせてデザインを考えるから大丈夫!」
と言われ何とか決めることができました。
はっきり言って大変でした。タクシー代も馬鹿にならないよー


契約
ライムが帰国する最終日。
彼と一緒にやっていくには、まず契約を結ばなければいけない。
彼の提示する金額を見た私は
「た、高かー」
高いとは思っていたけどこんなに高いとは
「安いだろ。僕の契約料は高くないほうだよ」
「いやそんなことないよ」
「日本ではどれくらい?」
「3分の1か4分の1」
「Oh my God!」
ど、どうしよう。でも決断せねば。
「僕にとってこのプロジェクトは日本ではじめてのものだから大切にしたい。普通はしないけど、OK今回はこの料金でいいよ。この料金だと本当は他の人が担当になるんだけど、毎回自分が日本に来るよ」
とディスカウントしてくれました。そして4回来日することが決まりました。
「お金がないのがわかったのかな。だから気を遣ってくれたのかな。まだまだ高いけど、
ここは清水の舞台から飛び降りた気持ちで」
そして契約。
次回は1ヵ月後に来日することが決まりました。


ついに始まった・・・・


うちこの矯正日記★第4回 インプラント2。。。(+o+)


久々の矯正日記です
先日、下の左右に1本づつ、ミニスクリューのインプラントを打ちました
「下のインプラントは痛いらしいよ」。。。。という噂に恐怖の私
麻酔は今野先生に打ってもらい、第一関門クリア 下くちびるの感覚は全くなく、うがいも難しいですね〜
さあ、斉宮先生登場 お願いしまーす 

 痛くはないんですが、ねじが入ってくる感じが。。。  圧迫される感じが。。。 

 
じゃーん

こーんな感じに3,4番の間に左右1本づつつきました〜
このインプラントが入って、やっと下の歯の隙間を閉じていく力をかけていけます
やっぱり同じインプラントでも、上あごと下では感じが全然違います
また患者様の気持ちが分かりました〜
さて、ここ2〜3ヶ月は主に上の隙間を閉じる調整をしていました 

  まだまだですが、中指が入るぐらいの隙間だったのが、今では小指が入るか入らないかぐらいに隙間が縮まりました ここ最近は目立つ変化はないのですが、小さな変化がなんか嬉しい日々
口元が少し下がり、前歯が目立たなくなってきた気がします
今回から下にも変化が見えてくるので楽しみです
おっと、インプラント打ったので忘れてはいけないお薬

瀬野さんリベンジ
前回よりレベルUP のお薬袋でいただきました  ありがとうございます



DR.今野の「矯正のぞき穴」   できるorできない

皆さん、こんにちは!11月です。紅葉狩りや温泉、秋の味覚、楽しんでいますか。
秋の味覚といえば松茸 。でもただ食べるだけではつまらないと思い、私も松茸狩りを体験出来ればとインターネットで検索してみました 。
なんでもみつかる便利な道具、どれどれ・・・ない !あれ  ?
簡単に見つかるモノだと思っていたのに 。たしかに松茸は高級食材。
採れる山を知られたら最後、どんな無法者 があらわれるやもしれません。
こっそり密かに知っている人だけが楽しんでいる、だからあまりおおやけにしていないのか、っと個人的に解釈しました。でもしてみたい、見つけた感動や採れたてを食する感動を味わいたい・・・。
誰か知っていたらこっそり教えて下さい。ちなみに私は口が堅いです 。

 前回、歯は一生モノで大人の歯は二度と生えてこない、みたいな話をしました。
世の中にはすでに決められているモノ、どうしようもないモノが沢山あります。『成長』、
これもそのひとつと言えるでしょう。不正咬合の中には上下のアゴの骨の不調和からくるものがあります。
成長期に伴い体の骨が大きくなるとともにアゴの骨の成長も起こります。
その際、何らかの原因で成長バランスのズレが生じると咬み合わせのズレや顔のズレが生じます。
そもそも成長には体の部位により成長スピードの差があります。生まれた直後、見る、聞く、感じる、考える、動く、生きるために最も必要なすべての体の中枢器官「脳・神経系」の発達が急激な成長を遂げます。
6歳ぐらいにはほぼ90%が作られてしまうくらいです 。逆に骨の成長は身長でもわかるように、16〜18歳にピークを迎えます。幼児は頭でっかちですが、徐々に下顔面の比率が大きくなるのは成長スピードの差から生まれるためです。アゴのズレはこの思春期、骨の成長が大きいときに顕著に表れます。
学校歯科検診において中学生以上でその大小はありますが4人に1人が顔の非対称があるとの報告もあります。
アゴのズレが大きい場合、外科手術を併用した矯正治療が必要になることがあります。
私は冒頭で世の中にはどうしようもないことが沢山あると話しましたが、その解決策も時代と共に変化をします。昔は外科手術もなく、ちょっと前は顔の皮膚を切って外側から手術をして傷跡が残ったりしていました。
今ではアゴの手術が口の中からすべてが行われ傷跡の心配もいりません。
将来的には遺伝子治療などで骨の成長をコントロールできるかもしれませんし、もっと良い解決策が出てくるかもしれません。「人が想像できることは実現できる」なんていいフレーズもあります。
それを考えると本当にどうしようもないことは実際少ないのかもしれませんね 。



お願い


現在、ご予約が大変混み合っております。そのため、ご希望のお日にちにご予約がお取りできない場合がございますので、予めご了承下さいませ。
また、多くの患者様の治療をスムーズに行うためにも、なるべく当日のキャンセルをされないよう、ご協力お願いいたします。


DR.瀬越のブログ ウォーリーの日記 第10回 スイミング


今日の午前中は長女のリコを幼稚園に送ったあとに、次女エリとスイミングスクールに行ってきました。
エリのクラスは親も一緒にプールに入るベビークラスです。
ちょうど半年前に初めてエリと一緒にプールに入ったことをブログに書きましたが、あれ以来何度か入って今日で6回目くらいです。因みに先週も入りました。エリとプールに入る時に私が最近楽しみにしていることがあります。勿論、愛娘と一緒に入るプールは楽しみです。でもそれ以外に、プールから出たあとにエリの髪をセットすることと、2人でお茶をすることが楽しいのです。
ベビースイミングはママさんがほとんどで、パパの参加は1人か多くて2人です。その為、この時間の男子更衣室は周囲に誰もいません。 プールから出て、ドライヤーで髪を乾かしたところです。以前にエリのクセ毛についてブログに書きましたが、
勝手にカールするエリの髪もここまで伸びます。

 じゃーん。 出来上がり〜。と、思ったのですが、左右で高さが違います。
エリにも「パパ〜、高さが違うよ」と言われたのでやり直しです。   

我ながら、なかなかの出来です。
それから売店に行って2人でお茶の時間です。ここで必ず買うのがエリの大好物の「星ポテト」です。

星型のポテトが5個入りで100円です。エリはポテトフライが大好きなのです。
今日もプールから出て着替えている時に、「星ポテト食べに行こうね〜」と言っていました。たったこれだけですが、私にとってはとっても楽しみな時間なのです。楽しいエリとのデートを終えての帰宅後、妻に午後の予定を聞くと、「リコのプールもあるよ」とのこと。
リコのスイミングは今までは土曜日だったのですが、火曜日に変更したのです。おぉ、これは行かねば!
リコを幼稚園に迎えに行って、その足でまたスイミングスクールに向かいました。。
「パパ〜!」って言いながら楽しそうにリコが手を振っているのが見えます。
1時間後、リコがプールから出てきて着替えたあとに髪を乾かしました。
「リコちゃんのパパだぁ〜」って言ってくれるお友達もいました。坊主頭の男の子までドライヤーを使おうとしていたので驚いたのですが、
「熱!熱!」と言っていました。可愛いですね.。乾かし終わってから、これからが本番です。
 「よお〜しリコ、どんな髪型にしよっか?ミルキーローズにでもするか?」って聞いたら、リコは早く遊びに行きたかったようで、「もう行こ」と行って出口に向かってしまいました。「えー、なんだよー。お父さんの楽しみだったのに〜〜〜」
お隣の公園で遊んで帰りました。リコのピンク好きはまったく変わっていません。

この電飾を見て、リコは大喜びでした。
「リコ、寒いから早く帰ろうぜ。風邪引いちゃうよ」と言って電光掲示板を見ると気温12℃でした。
風があったので体感温度はもっと低く感じました。このあと、ドライブに出掛けたのですがリコはあっという間に助手席で寝てしまいました。
元町、山手を抜けて駐車場に愛車を入れようとして入り口のシャッターを開けていると、妻とエリが待っていました。
「ウソだろ」
あまりにもビックリして、思わず運転席から写真を撮ってしまいました。

「なんで帰ってくるって分かったの?」って聞いたら、
「車が見えたから」とのこと。うちのカミさんはエスパーか?午前はエリと、午後はリコとのとても楽しい休日を過ごすことが出来ました。
一昨年の10月からブログを書き始めて2年が経ちましたが、以前の日記を見ると「あんなことがあったな、こんなことがあったな」とビデオや写真で見るのとはまた違った良さがあります。休日にお酒を飲みながら、こうして日記を書くことが今では私の楽しみになっています。


※ただいま矯正ブログ公開中!メンバーの広場よりお入りください



今月の矯正装置が外れた方



おめでとうございま〜す!!スタッフ一同お喜び申し上げます。
治療中の患者様も外れる日を夢見て頑張って下さいね。

井上様  浜田様  阿部様   増田様  高野様   小林様  長谷川様
金丸様   森様    小笠原様  中嶌様  森弘様   吉村様  坂本様
荒井様  藤井様  坂本様   冨田様  田中様   小菅様  古閑様
小松崎様 青山様  西島様   長岡様  臼井様 

来月も装置が外れる方がたくさんいらっしゃいますよ!!


 

お知らせ


神宮前矯正歯科では、出来る限り固定のDr、メンバーが治療にあたらせて頂きたいと考えております。
その為、治療へのご案内がご来院の順番と前後することがございますので、ご了承下さいませ。
今後とも、患者様にとってより良い治療、より良い医療体制を整えていくよう努めて参ります。
どうぞ宜しくお願い致します。

▲このページの最上部へ
裏側矯正
歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正
神宮前矯正歯科
こだわり
プロフェッショナル
技 術
予約受付
日本舌側インプラント矯正研究会
サイト内検索
メンバーのブログ
IWI矯正歯科 WEB SITE OPEN!
探求心とこだわり〜最先端の裏側矯正〜
NEW OPEN! IWI 矯正歯科紹介 MOVIE
オリジナルストーリー〜矯正治療を始めたい方へ〜
舌側矯正・インプラント矯正を学びたい先生 大募集!!
求人情報
神宮前矯正歯科Twitter 神宮前矯正歯科Twitter 神宮前矯正歯科Facebookページ
神宮前矯正歯科Twitter 神宮前矯正歯科Twitter 神宮前矯正歯科Facebookページ