神宮前矯正歯科
神宮前矯正歯科Top > 神宮前矯正歯科 > ニュースレター > 第68号「HAPPY SMILEへの道」 --- 発行日2009.3.15

第68号「HAPPY SMILEへの道」 --- 発行日2009.3.15

「3月」といえば桃の節句・卒業式・ホワイトデー・春の到来。ウキウキ楽しい事ばかり??
そうです!!決して避けては通れない花粉の時期がいよいよ始まりました。
3月は私にとって悪夢の始まりです。しかも私のアレルギーはスギだけではなく、
ヒノキにまで及んでいるので、ゴールデンウィークまで続きます。まさに春の嵐状態(笑)
涙・鼻水・くしゃみ・咳、これでもか!というくらいの症状です。昨年までは、ステロイドを服用していたのですが、さすがに体質改善を行わなければと思い、服用を中止してみることにしました。その結果、先日1日でティッシュ1箱を使い切りました(泣)
皆様はどのような花粉対策をされていますか?私が今はまっている食べ物は花粉に効果絶大と言われているヨーグルト・納豆(発酵食品)・しそです。それと、当院でもお飲み物としてお出ししているローズヒップもいいそうです。ぜひ試されてみてください。
それでは、今月のニュースレターも情報満載です。(下田)
 

院長のこごと

新しいコンセプトを持った歯科医院を立ち上げるのに、内装デザインをラヒムに依頼して徹底的にこだわってきました。それが出来上がるのを想像しただけでなんだかわくわくしてきます。でも何だかちょっぴり物足りなさを感じていました。
「そうだ今までにないシステムをつくろう」
思っちゃったらもう大変です。体がむずむずして、したくてしたくてたまらなくなるのです。
「とにかく動き出そう」
そしてまたまた大変な苦労が始まるのです。でもまたそれが楽しいのです。
「もの作りって楽しーい」
さて今回はちょっと思考を変えて、そのシステムを動かすためのソフト作りの話です。
いろいろ考えてばらばらに動いていたものがあるとき偶然にも重なってひとつのソフトが出来上がりました。僕は結構強運の持ち主かもしません。
ではまたそのどたばたを聞いてください。
当時、私たちの診療所ではたいへん大きな問題を抱えていました。次の予約がなかなか取れないのです。一度予約の変更をすると1ヶ月2ヶ月待ちが当たり前。電話で次の予約を取るにも希望日が取れないため
「申し訳ございません。その日はいっぱいで」
「じゃあこの日は」
「申し訳ございません。その日もいっぱいで・・・・」
1つの予約を取るのに20分から30分かかります。
患者様はいらいらして怒り出し・・・
「もういいです。その日で・・・」
そんな電話がひっきりなしに1日中鳴り響きます。
そのため電話が繋がらず患者様からお怒りのメールが。
電話を2回線に増やしましたが問題解決にはならず、ひっきりなしに電話が鳴って結局繋がらず。
またまたお怒りのメールが。
そのためあっちでイライラこっちでイライラ
「Oh my God!」
何とかしなければ・・・・
電話のほとんどは予約変更の電話です。
でも当日のアポイント帳を見ると空いている時間が・・・。
そうなのです。
当日のキャンセルが多くて、一日終わってアポイントを見ると、アポイント帳には空きがたくさんあるのです。そのためにその先のアポイントが取れなくなっているのです。
「せめて当日キャンセルだけでも失くしたいなあ。2日前のキャンセルならキャンセル待ちの人に連絡が出来るから何とかなるし。
とにかくアポイント帳を埋めなければ後からの予約が益々取り難くなるよね。もっとスムーズなご案内が出来るようにしなければ電話が繋がらないよね」
そこで考えたのがポイントシステムでした。
「治療費や歯ブラシなど、お金を払ったらポイントがもらえれば患者様は喜ぶよね。そこで当日キャンセルのときだけポイントをちょっとだけいただけばキャンセルが減るんじゃないかな。いいアイデアだと思わない?」
(今はこの問題は違う方法で解決しましたが当時はこのように考えていました)
最初はそんな思いでした。
「とにかく、ポイントカードの会社に話を聞いてみよう。何か道が開けるかも」
インターネットで調べて数社とアポイントを取りました。
話を聞くといろいろなことが出来ることがわかりました。
「このカードはリライタブル(500回まで書き換えられる)になっているのか。
凄いな、どんな仕組みなのかな?次のアポイントも記入できるの?
字数制限はあるけど、好きなことを書くことも出来る?なるほど便利だな。
顧客管理も出来るの。すごいねぇ」
各業者が独自のソフトを持っていていろいろなことが管理出来ます。そして必要なものをポイントカードに出力できます。でも出力できるものに制限があったり、そのソフトに今の現状を合うようにしなければならず、かえって受付業務が煩雑になりそうです。
「ちょっと現実的ではないかな・・・」
そんな時ICカードがあることを知りました。JRのスイカのようにピィッとすればいいやつです。そのほうがどうも応用範囲が広いようです。
早速ICカードの業者を呼んでいろいろ話を聞きました。
ICチップに番号が仕込まれていてその番号をカードリーダーが認識するのだそうです。後は自分たちに都合のいいようにソフトを作ればいろいろなことができるのです。
その仕組みを聞いているといろいろな創造がどんどん膨らんできました。
「ピィッとすれば認識されるのだから、えーと、そのカードリーダーをいろいろなところに置いてみると・・・・」
たとえば各診療室に置けば、患者様が今どこの診療室に何時に入って何時に出たか、どのドクターが見ているのかがわかります。
「すっごーい」
私たちのような各診療室が個室になっている場合や隣のビルにも診療室がある場合、全体が見渡せるので凄く便利です。
在庫室に置けば、誰がどれだけのものを持って行ったかが解り、在庫管理が出来ます。
受付に置けば、患者様の予約や清算や領収書発行が簡単に出来、もちろんポイント付与も自動的に出来ます。
「これなら煩雑にならない」
私は以前からもうひとつ解決しなければいけないことがありました。
それは受付での清算業務が煩雑なことです。患者様が一度にいらっしゃると受付がばたばたします。待たせないように前持って領収書を発行しておくのですが、それが返って仇となります。他の物品を買ったり、クレジットカードの仕様になると領収書の再発行になります。そのため毎日のように1日の売り上げと現金が異なるのです。それをあわせるために毎日のように受付が夜遅くまで仕事をしていました。
レジを買えば合うようになるかと思い購入しました。でもだめでした。
私の中にあった1つの解決方法。それはキャッシュレスでした。
受付で現金が発生しなければ金額が合わないこともなくなります。それにより清算業務から開放されればその分患者様に対応できる時間が出来ます。そうすれば今以上のより良いサービスが提供できるようになります。
それが出来ることがわかったのです。
前もって入金していただいていれば、ピィッとすれば清算が終わり、ポイントが自動的に加算されるのです。
なんと夢のようなシステムです。
でもそこの会社の方に言われました。
「確かにあなたがおっしゃっているものを作ることは可能です。しかし問題はそれを動かすソフトを作ることです。作るとなると数千万円は掛かりますよ。普通このような話はどこかのソフト会社がこのような企画をし、ソフトを製作して病院に販売するというのはあります。しかしながら今回のように一歯科医院からこのような話を聞いてきたのは初めてです。大丈夫なのですか」
「いやどうかな。ははは・・・ちょっと話だけでも聞いてみたかったので」
やっぱり大手はほとんど相手にしてくれませんでした。
某大手会社なんかは約束した時間に結局連絡もなく来ませんでした。
「ま、こんなもんかな。でも諦めないぞ」
ICカードにも出来ないことがありました。
それはカード上にリライタブル(毎回書き直すこと)出来ないことです。
これだとお約束カードとしては機能しません。
次のアポイントの日時が印字されなければ意味がありません。
私たちはさらに調べてリライタブルの技術を持っている大手の会社にアポイントを取りました。
「リライタブルは特殊なフィルムの上に熱を加えながら書き換えています。問題はその熱でICチップに影響が出ないかどうか。展示会で実験的にそのようなことをやったことはありますが実用化までには至っていません。でも技術的には可能です」
ICカードとリライタブルの技術を組み合わせれば理想の形が出来上がります。
何か希望の光が見えてきました。僕だけでしょうか。
でもそこの会社の方にも言われました。
「技術的には可能ですが、まだ実験段階で。それにかなりお金が掛かりますよ」
「今は無理かも知れないけど、ちょっと話を聞いてみたかったんで。はははは・・・・」
やっぱり今は無理かなと思い、その話は一時消えていました。
でも今回新しい歯科医院を作り上げる上で、そう、新しいコンセプトを作り上げる上で、どうしてもこのシステムを実現化したくなりました。
そこで、今使用しているソフトの会社の人にだめもとで相談してみました。
「たとえばJRのスイカみたいにピィッとアポイントが簡単に取れて、そのカードに次回のアポイントが印字できたら良いと思いません?」
「良いですね。でもプラスチックカードは印字できないですよね。私たちもスイカみたいなものでなんか出来ないか考えていたんですよ」
「実は出来るんですよ」
私は今までの経過を話し始めました。リライタブルのシールをICカードの上に張れば実現可能なことを話しました。
「ちょっと面白そうですね。その担当の方に話を聞かせてもらえないですか」
希望の日が見えてきました。
そんなある日
そのソフト会社の会長が別件でいらっしゃいました。
雑談の中で自分の夢や、コンセプトを思い切って話してみました。
「良いですね。先生のような考え方をしてらっしゃる先生は今どき珍しいですね。面白そうですね。私のほうからも押しておきますね」
「ヤッター。会長の鶴の一声さえあれば、鬼に金棒だ」
私たちは意気投合して長い間お互いに夢を語っていました。
もうその会長様は還暦を迎えられていますが、新しいものや、斬新な考え方には驚くほど柔軟で、やはりことを成し遂げる方はいつまでも輝きを失わないのだなと思いました。
僕も年をとってもいつまでも目の輝きを失わないように、そして柔軟な考え方をし続けていけるように努力していこうと改めて思いました。
こうしてソフト開発のための打ち合わせが始まりました。
このカードは今の神宮前矯正歯科で使用できるようになります。ポイントを使って、今の矯正ライフをますます楽しんでくださいね。
チャージ金からお金を払ったらポイントが貯まるだけでなく、誕生日おめでとうポイントとか、お祝いポイントとか、待たせてごめんなさいポイントとかいろいろなポイントを用意しました。
そのポイントを使って、歯ブラシや歯磨き粉など物品の購入や調整料やホワイトニングなどいろいろなことができるんですよ。
さらにこのカードにANAやJALカードのようなプレミアムポイントを導入しました。より木目の細かいおもてなしをできるようにしたかったからです。
皆様楽しみにしていて下さいね。
まもなく使用可能になります。
ちなみにポイントの名前はスマイレージです。1スマイレージ、2スマイレージと言って下さい。私たちの変わらぬコンセプト「笑顔」のスマイルとマイレージをかけてみました。ちょっと恥ずかしいかも知れませんが、仲良くお付き合いくださいね。
よろしくお願いしまーすっ!
 
 
次号へ続く
 
 

うちこの矯正にっき 第6回  インプラント抜きました☆

こんばんわ
 

今月で私も矯正を始めて1年が経ちました〜
 

いやー、早かったなぁ。。。
 

矯正装置はいつのまにか体の一部。。。私の一部と化しています
今は抜いた歯のスペースをひたすら閉じていっている感じで、
人差し指が入るぐらいだった隙間が、小指も入らないぐらいの隙間に
なっちゃいました
右下のスペースなんて。もう全部閉じちゃいました
 

 
わーいわーい
左下も残りわずかです
 

今月の調整では、左下のインプラントが、今の段階で抜く必要があるので
抜きました

 

そう、噂の。。。麻酔なしで
 
 

こわいよこわいよーこわいよーー
 
 

ぐぐっ。と力がかかる感じ。。。
 

ぴりっっと、ほんんんの一瞬したかと思うと
 

くるくるあとは先生指で簡単に抜いてしまいました〜
 

 
痛くないよ〜〜〜〜う
 

いつも、痛そうだなぁ麻酔なしで!すごーい!
と、思っていたんですが本当に痛くないんですね

 

ぽこっとあいた痕も1時間もするとすっかり目立たなくなりました
(写真は抜いた直後)
 
これで身をもって麻酔なしでも痛くないことが証明されましーた
物も詰まりにくくなって嬉しいですね〜〜〜
 
 

 

DR.今野の「矯正のぞき穴」   知覚過敏

皆さん、こんにちは!口の中で痛いものランキングで虫歯、麻酔、口内炎などと肩を並べる
「知覚過敏(ちかくかびん)」。
皆さんも良く耳にする単語ですよね。はじめは歯に痛みを感じ虫歯だと思い、歯医者さんに行くと知覚過敏と言われた方も少なくないのではないでしょうか?
これがなかなか「くせ者」で、冷たい水を口に含んだ時や歯ブラシの時、風があたったりするだけでも、
不快なキーンという痛みが走ります 。ちょっと気を抜いた時にやってくるから、びっくり度も重なり痛さ倍増ですよね 。そもそも、歯は外界の刺激が届かないように「エナメル質」という硬い層でコーティングされています。その内側に「象牙質(ぞうげしつ)」という刺激を感じる層があり、
そのまた内側に「歯髄(しずい)」という一般には神経があります。基本は3層構造なんですね。
ですからエナメル質がしっかりガードしていれば、冷水でも風でも平気なはず・・・なのですが、
何からの原因でガードが弱くなっていると知覚過敏として現れてくるわけです 。
ではその何らかの原因とは何でしょう?
不適切なブラッシング 。毎日の歯みがきにおいて、力がかかりすぎているといくら硬いエナメル質でも徐々に削られていきます。しかも歯磨き粉の中の研磨剤などもそれを助長すると考えられます。
歯周病や加齢変化 。エナメル質は歯の頭の部分(正常ならば歯ぐきから出ている部分)にのみあります 。ですから、歯周病や加齢変化で歯ぐきが下がることによって、エナメル質のない部分が露出し、
刺激を感じやすくなるというわけです。
プラーク(歯垢) 。プラークは細菌の塊です。細菌はエナメル質を溶かす酸や有害物質をつくります。磨きすぎも問題ですが、磨かないこともまた問題なんですね。
歯ぎしり 。歯と歯の摩擦によりエナメル質が削れたり、ヒビ割れたりすることが考えられます。また歯周病を進行させることもあり、注意が必要です。

以上の項目が一般的に多いですね。ではどうすればそのやっかいな痛みを予防できるのか、起きてしまったらどうすればいいのか・・・、
 
次月へつづく・・・

  

 

DR.瀬越のブログ ウォーリーの日記 第12回 走る男4  横浜最終ゴール!

走る男 part4 です。
 
私は、前回の走る男3 を書いた2月23日から計画していたことがありました。
森脇さんに直接会って、感謝の気持ちを伝えたかったのです。
 
森脇さんは首の椎間板ヘルニアで、千葉の新船橋から横浜のみなとみらいの間の55キロを走ることが出来ませんでした。
この55キロは視聴者からの代走を募ってタスキリレーをしたのです。
なので、初めて走る男 を書いた時は無事にゴール出来るか心配していました。
 
2月22日に沖縄にゴールした森脇さんですが、3月1日2日の2日間でこの55キロを走ると2月23日にホームページで告知されていたのです。
但し、伴走はご遠慮下さいとのこと。
 

もう昨日から私は落ち着きません。
今朝は長女リコを幼稚園に送り、妻は習い事があったのでその場所まで送り、エリを連れて車で第一京浜を北上していました。
妻が習い事をしている間の2時間しかなかったので片道1時間です。
いつ出発しているのか、会えるかどうかも分かりませんでしたが車を走らせていました。
結局会えずに諦めて妻を迎えに行きました。
 
午後になってホームページをチェックしながらリコを幼稚園に迎えに行きました。
うまくアクセス出来なくて最新情報を入手出来なかったのですが、
「神奈川県突入。あと13キロ」
とあったのが13時58分です。
その時2時半でした。
ということは、3時過ぎにはみなとみらい近辺に入るのでは?
そう思って、森脇さんに会いに家族4人で出発しました。
車の中で、あっという間にリコとエリは爆睡です
 
ゴールまであと3キロくらいという地点で森脇さんを待つことにしました。
ゴールで待っても良かったのですが、直接に会いたかったので通過点で待つことにしました。
 
話すことが出来なくても、最低でも走る男の姿を見られれば良いと思っていました。
 
風が強くて寒いので妻には車の中で待ってもらうことにしました。
その時に妻が撮った写真が↓です。
 
 
なかなか現れない森脇さん。
ひょっとしてもう行ってしまったのでは?
あるいは、反対車線を走っているのでは?
色々と考えながら待つこと1時間。
 

遠くの方で赤いジャージ姿の森脇さんらしき人が見えました。
 
私は慌てて妻を呼びました。
 
信号待ちで屈伸運動をしている森脇さんが見えます。
 
私たち夫婦は大興奮でジャンプしながら両手を大きく振りました。
 
森脇さんは右手を上げて応えて下さいました。
 
もう嬉しくって嬉しくって。
 
私が両手を振りながら走って森脇さんに近付くと、森脇さんは右手の手袋を外して私と握手をしてくれました。
 
私は「1年間本当にありがとうございました!」と言いました。
これが言いたかったのです。
 
森脇さんは「何をおっしゃいますやら〜。とんでもない」。
 
そして、しばらく立ち話をして下さいました。
私が偶然に番組を見つけたこと。
北海道からずっと見ていたこと。
 
短い時間でしたが、なんだか森脇さんのオーラに包まれた感じでした。
自分の想いを伝えることが出来て良かったです。
 
車中で寝ている愛娘を見て、「可愛いね〜」。
今夜は中華街で打ち上げだそうです。
 
想像通りの気さくな方でした。
 
そして記念写真
 
 
 
妻が森脇さんとの写真を遠慮していると、
「せっかくだから撮りましょう」と言って妻ともツーショット写真を撮って下さいました。
良い写真だったのでブログに載せたかったのですが、妻は恥ずかしいそうです。
 
「ゴールも来て下さりはりますか?」
「勿論行きますよ!」
 
 
ゴール予定のみなとみらいの臨港パークに着くと、大勢の方が森脇さんの到着を待っていました。
 
 
 
みんなで森脇コールです。
 
「行け行け森脇!行け行け森脇!」
 

森脇さんゴール!

 
 
感動でした。
 

 
(これはホームページに出ていた写真です。向って森脇さんの左にいるのがピンクのリコを抱っこした私です)
 

あの代走の55キロは森脇さんにとっては心残りで、関東から逃げ出してしまったという思いがあったそうです。
 
あの時は首の状態が悪くて、番組打ち切りを考えたそうです。
「オレってついてないなぁ」と正直思ったそうです。
 
やっぱりそうだったんだ。
 
この番組が成功しなかったら芸能界引退を考えていた森脇さんです。
 
泣きながら話をされていました。
 
カメラマンの方も涙ぐんでいました。

 

みんなで記念写真です。
この写真はホームページからコピーしました。
森脇さんの向って右隣にいるのが私とリコとエリと妻です。
リコとエリは寝起きでかなり不機嫌でした。
 
この後は、みんなで公園内を軽く走りました。
 
そして、一組ずつ記念写真です(その写真も載せたかったのですが家族の顔が写っているのでやめておきます)。
 
こうやって一人一人のファンを大切にしている森脇さんとスタッフの皆さんの温かさが嬉しかったです。
 
「東洋一、金を掛けずに番組作りましたよ」と言って笑いを取っていた森脇さん。
それが良かったのです。
走る男を作るまでに8年掛かったそうです。
それまでの集大成が走る男だったそうです。
 

きっと今頃は中華街で、あの何とも言えない良い顔をしながら美味しいお酒を飲んでいるんだろうなぁ〜。
 
改めて、ありがとうございました!


 

※ただいま矯正ブログ公開中!メンバーの広場よりお入りください
 

 

矯正装置が外れた方(2月11日〜3月10日)

今月は23名いらっしゃいました。                   
おめでとうございま〜す!!メンバー一同お喜び申し上げます。来月も装置が外れる方がたくさんいらっしゃいますよ。 
 
 

お知らせ

神宮前矯正歯科では、出来る限り固定のDr、メンバーが治療にあたらせて頂きたいと考えております。
その為、治療へのご案内がご来院の順番と前後することがございますので、ご了承下さいませ。
今後とも、患者様にとってより良い治療、より良い医療体制を整えていくよう努めて参ります。
どうぞ宜しくお願い致します。
▲このページの最上部へ
裏側矯正
歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正
神宮前矯正歯科
こだわり
プロフェッショナル
技 術
予約受付
日本舌側インプラント矯正研究会
サイト内検索
メンバーのブログ
IWI矯正歯科 WEB SITE OPEN!
探求心とこだわり〜最先端の裏側矯正〜
NEW OPEN! IWI 矯正歯科紹介 MOVIE
オリジナルストーリー〜矯正治療を始めたい方へ〜
舌側矯正・インプラント矯正を学びたい先生 大募集!!
求人情報
神宮前矯正歯科Twitter 神宮前矯正歯科Facebookページ
PageTop