神宮前矯正歯科
神宮前矯正歯科Top > 神宮前矯正歯科 > ニュースレター > 第71号「HAPPY SMILEへの道」 --- 発行日2009.7.15

第71号「HAPPY SMILEへの道」 --- 発行日2009.7.15

先日、熱く熱く語るあるメンバーの熱意に押され、映画『ルーキーズ』を見てきました。
映画の中で、一人の対立していた生徒が、仲間になる瞬間があったのですが、その理由が自分の大きな夢をバカにせず、頑張れと応援してくれたからでした。
人はそれぞれの価値観・生き方・夢があります。いろんな事を経験して、学び、考え、答えを出していく。
それは時には、自分自身を表現するものにもなります。それを非難されるということは、自分自身を否定されているという気持ちに人はなってしまうんですよね。逆に、たとえ自分の事をよく知らなくても、応援してもらえると、親近感や仲間意識や喜びが湧いてきます。
その人が大切にしている事が、自分にとっての大切な事と同じだと、感じ取れるかどうか。
それが出来るか出来ないかで、人間関係が変わってくるのだと考えさせられました。
また同じ夢や目標を持って頑張りあえる存在がいるということが、どんなに心強くなることか。
最近、同じ職場の同僚や友人・兄弟・姉妹・親子で通っていただく患者様が、更に増えられました。同じ目標を持てる仲間が近くにいると安心感もあり、より頑張れるのだと思います。
私も『夢にときめけ・明日にきらめけ』いつでも目標は高く・大きく掲げて、切磋琢磨しあえる熱い仲間を大切にし、さらに仲間を増やしたいと思います。それでは今回のニュースレターお楽しみください。
(瀬野)
 
 

院長のこごと

初めてのニューヨーク。
世界一の都市に行くんだと思うと到着する前からわくわくどきどき。
「ラヒムは迎えに来てくれているかな・・・・」
空港について見ると
「あれ見当たらないよ。来てないよ。どうしよう」
キョロキョロ見渡していると、僕の名前が書かれたプラカードを持った人が。
ラヒムはどうも仕事の都合で来ることができないようです。
ではお迎えの革張りの黒い車に乗って、いざマンハッタンに。
ちょっとリッチな気分。隠れて革をすりすりしたり。
高速道路をひとっ飛び。だんだんマンハッタンが近づいてきました。

想像では超近代的な建物がバンバン建っているのかと思っていましたが、結構古く歴史を感じさせる建物がたくさん建っているんですね。高速道路も錆びていて、それはまたそれで味があって格好いい。
ちょっと渋滞してるけど、黄色いタクシーが走っていたり、地下鉄の蒸気が道路から上がっていたり、まるで映画の中にいるよう。
「あー、ニューヨークに来たんだなぁー」
じわじわと実感が沸いてきました。
 
その夜はラヒムと一緒にニューヨーク近代美術館に併設されたレストランで食事をしました。実はホテルにチェックインした際、ラヒムからのメッセージがあり「ディナーはジャケット着用で」とのこと。言われたままジャケットを着ていくと、それを見たライムは大喜び。
「おお、ヤスヒロもジャケットを着るんだ。はじめて見たよ」
「着て来いって行ったのは、自分じゃない」
久々の再会に会話は盛り上がり、いつしか話はiwi(今作っている医院)のコンセプトの話に。最近、グラフィックデザイナーと盛り上がった話をしました。
iwiを研ぎ澄まされた空間にしたい。今までにはない新しいコンセプトを持った空間。現代アートと組み合わせて、アートの香りがするシンプルでクールなものに。
例えば、
音楽でいえば、ブライアン・イーノとか
洋服でいえば、ジル・サンダーとか
レストランだと、エルブジとか
そんな空間造りを考えている。   彼はきっと賛同してくれると・・・・
しかし、しばらく考えていた彼は
「うーん。やりすぎは良くないよ。iwiはあくまで静寂で落着いてリラックスできる空間でなければいけないよ。
矯正治療はオーダーメイドだよね。そこには、精密で緻密で唯一無二の、その方だけの特別なものがなければいけない。そんな雰囲気を醸し出すことが重要だよ」
「ラヒムは具体的にはどんなイメージを持っているの?僕はそのイメージを理解しないといけないと思うんだ」
「そんな風に僕の建築やイメージを大切にしてくれるなんて、ヤスヒロは僕のクライアントの中でも、本当に最高のクライアントだね。いいよ。明日は午後から仕事が入っているから、明後日、観光と一緒にいろいろ連れて行ってあげるよ。ちょっとどこに行くか考えておくね」
「うわぁー、楽しみだな」
次の日の午前中、ホテルの近くのロックフェラーセンターとかニューヨーク近代美術館に連れて行ってくれました。その中で、彼は自分の価値観を話してくれたり、最も素晴らしいと思っている絵画を紹介してくれたりしました。
昼食後、彼は仕事に出かけていきました。忙しい仕事の合間を見つけながらいろいろな場所に連れて行ってくれるのです。
午後からは、彼お勧めのグッゲンハイムミュージアムに行きました。
近代建築の三大巨匠の一人、フランク・ロイド・ライトが設計したミュージアムです。美しいらせん状をした建物です。建築基準からはみ出した設計であったため、ニューヨーク市当局が許可を出すまで時間を要したなど、完成までに16年もかかっています。残念ながら中には入れなかったのですが、外からのその美しさは圧巻でした。バルセロナで見たガウディー以来の感動を受けました。
 
「今から50年も前の建物なのにこのようなものを作り出すとは。凄い。天才だぁー」
中もすごいんでしょうね。いや、本当に見たかったなぁ。
でも併設されたお店には入ることができました。上を見上げると螺旋状の床が続いていました。奥のほうをのぞくと建築の書籍コーナーがあり、正面を向いた本になにやら見覚えのある写真が。
「こ、これって。ラヒムが今作っているドバイのビルじゃない」
 
本のタイトルはDigital Architecture Now(現代のデジタル建築)
その本の表紙をラヒムの作品が飾っているのです。
「ラヒムってやっぱりすごい人じゃないの?本当にいいのかなぁ?俺たちのために観光案内みたいなことさせて」
彼は本当に気さくで面倒見のいい人なのです。
 
次の日、ラヒムがイメージしているところへ連れて行ってくれる日です。
まず、最初に連れて行ってくれたのはセントラルパークでした。100年以上前に有名な建築家が作ったものだそうです。すごく計算されていて、道路が立体的に交差するように造られています。その大きさは皇居の3倍もあるかなり大きな公園です。
マンハッタンは摩天楼と言われるようにどこをとってもビルビルビル。空間がほとんどありません。だからこのセントラルパークの空間は貴重で、面しているマンションはものすごく高価だそうです。
次は、ベルルーティー。マジソンアベニューにある靴屋です。
ラヒムが店長に僕を紹介しました。
「彼は日本で有名な矯正歯科医で、今回医院を作るにあたってコンセプトを考えている。ここの靴はオートクチュールで、矯正治療と共通点があるので、コンセプトを教えてあげて欲しい」
 
ベルルーティーは1895年パリで始まったオートクチュール専門の高級靴店。
決して華美ではなく、シンプルで美しい。
無駄がないデザイン。きれいな曲線。
形は至ってクラッシック。
だけど、その色彩がすごい。ものすごく深い色、その美しさに虜にされてしまう。艶美というか色っぽい。艶やか。何層にも重なった深い色合い。
お客様の好みで色を変える。部分的に変えることも可能。後日色を変えて欲しいといわれたら変えることができる。
タトゥーの入った靴もある。
お客さまで足にタトゥーが入っていて、そのラインにあわせて靴にタトゥーを入れて欲しいと言われた。足から靴までが連続したラインでコーディネートされた。顧客の要望に合った靴を作り出す。これがこの店の自慢。
形は至ってシンプルでクラッシックなものが多いけど決して古臭くない。斬新な色合いやデザインが施されていて心地よい。華美になり過ぎない。クラッシックで確立された美しさの中に斬新を盛り込む。やり過ぎない。前衛的になり過ぎない。やっぱり確立されたものは、伝統を持ったものは、深い美を持っている。歴史の重みと言うか、長い年月をかけて認められてきた美しさ。重厚さ。そこには斬新だけでは入りこめない美がある。でもそれだけではだめで、その美をベースにしてその中に新しい試みが組み込まれている。そのためその美は更なる濃厚な厚みを持って輝きを増す。ラヒムはきっとこういうことが言いたかったのかな。
そのデザインはシンプルなラインだけど、ものすごく正確。靴職人のこだわり。精密で、きめ細かく、とことん仕上がりの良さにこだわる。妥協を許さない仕上がり、他に追従を許さない圧倒的な技術力。彼らだけが持つ技術。特許をとって自分たちの技術を、伝統を守っている。
まさに私たちiwi矯正歯科が目指しているものと同じ。
クラフトマンシップ。
最高の技術と最高の仕上がりを保障する。その卓越した、そぎ落とされたシンプルさは有無を言わさず美しい。究極に追求させたシンプルさを、こだわりを、その形に埋め込む。美しくないわけがない。こだわりが形になっているのだから。職人の魂が形になっているのだから。
それをラヒムは言いたかった。
私は目からうろこが落ちた気がした。斬新なものを追い求めすぎていたようだ。
そこの店にはたまたま、世界的に有名なカメラマンが撮影をしていた。
Stephane de Bourgies
パリの写真家でポートレートを得意としている。ラヒム曰く超有名な人らしい。
その人が写真を撮ってあげるという。
「好きな靴を持って、それから靴を頭の上に乗せて。おっ、カメラを構えたほうがいいね。じゃあ、笑って。はい。もっと笑顔で」
言われるままにポーズをとって。
カッシャ!
 
超恥ずかしいー。周りは大笑いしてるし。
それに比べてラヒムのポーズはこれ。
 
格好いいなぁー
「ちょっと俺と違い過ぎない???どういうことー!!!」
この写真はビルの大きさぐらい引き伸ばすことができるらしい。
ラヒムが悪戯な顔をしながら
「今度ニューヨーク来たときはビルに飾っておくよ」
こんな写真引き伸ばされたら超恥ずかしいよ。
まったくニューヨーカーは口が悪い。
一枚写真あげるよと言われてもらった写真がこれ。
 
有名な女優さんらしい。僕が貰っても宝の持ち腐れ。いったい誰?本当に知識が少なくてすみません。
しかも角折っちゃたし。
 
次に行ったのが
ニューヨークで最も古いもう100年はたっている高級デパート
Bergdorf Goodman
バーグドルフ・グッドマンは、ニューヨークのセレブマダム御用達の高級百貨店で、単に有名人が名を連ねているだけでなく、エグゼクティブな格調高さが特徴と言われている。
ラヒムはその雰囲気を味わって欲しいとしきりに言っていた。
歴史を感じる重厚さと、静寂で、空気がひんやりしていてまるで教会にいるよう。内装もシンプルで華美でなく、格調高い。歴史をまとった格調高さ。外の喧騒から離れ、静寂で、時間がゆっくり流れている。
お客も少なく、店員も美術館に置かれた彫刻のように環境に溶け込んでいる。しつこく寄ってきたりしないで見守っている。
高級感があって緊張感はあるけれど、暖かさがあって見守られている感じ。高級店に行くと店員がぎらぎらした目で見ていたり、上から下まで洋服を見られたり、こいつ安そうな服着てるけど洋服買う気あるのかな?なんて感じがするけれど、ここは違う。まるで友達の家に来たように、ニコニコして、暖かく迎えられている感じがする。
さらにラヒムは奥に進み、Tom Fordの店に入った。
元グッチのデザイナーで、グッチが倒産しかけているのを救ったデザイナーで、2000年には国際最高デザイナーに選ばれた人。007のジェームスボンドが着ていたことでも有名。よく打ち込んだ生地を使い、最高の仕立て技術が随所に活かされて、重厚感と迫力、そして美しさ。計算されつくしたシルエットライン、力強いスタイル。
元イギリス人でジェームスボンド好きのラヒムが好きそうなデザインです。
次に行ったのは、クラッシック家具で有名な
Knoll
iwiで使用するサイドテーブル選びのため。
彼が選んだのはエーロ・サーリネンが1956年にデザインしたクラシックなサイドテーブル。とても美しいシンプルな曲線をしたテーブルです。
 
エーロ・サーリネンは、アメリカ近代デザイン教育の象徴であるクランブルック・アカデミーの教授です。1940年には、近代美術館主催のデザイン・コンペで、1等を獲得し一躍注目を浴びました。その後も数々の家具をデザインしています。
また建築では、エール大学学生寮、ゲートウェイ・アーチ、JFK空港のTWAエアーターミナル、ワシントンのダレス国際空港、ベル電信電話会社研究所、ディア・カンパニー本社ビル、ニューヨーク・マンハッタンのCBS本社ビルなどがあり、数多くの賞を受賞しています。
 
ラヒムはニューヨーク市内を見て回ったとき、やたらとその黒くてまっすぐにそびえたったCBS本社ビルを指差して熱く語っていました。
このビルができるまでは世界中のビルは先端に行くほど階段状に細くなっていた。しかしながらエーロ・サーリネンが世界で始めて四角い箱型のビルを作った。それが世界中に広がっていき、現在のビルの常識になった。
まさしくここから革新が起こったのだと。
 
ラヒムはイノベーション(革新)によってどのように世界が、歴史が変わっていったかを研究していた。
それは歴史を研究することであり、どのようにしてそれが存続してきたかを知ることでもある。つまり斬新的なことは常に世界中で起こっている。しかし世界を変え、歴史を変え残っていくものは稀。ごく一部のものだけが残りそれ以外のものは消えていく。すなわち存続したものは時代を超えて美しい。だから100年前に創造されたものは美しい。最も革新的なデザインを生み出すラヒムが、なぜクラッシックなものばかりを勧めるのかが少し解った気がした。
僕は100年続くブランドを作りたいという希望をまだラヒムに言っていなかった。しかしラヒムがなぜ100年続いているものや歴史的なものばかり見せるのか?
それは100年前にここで革新が行われたからだ。100年前の革新はどのようなものだったのか。どのような衝撃がここで起こりどのように波及しそして残っていったのか。そして今に至るのか?
私たちの今行おうとしている革新はどのように世界を変えて、果たして100年後に存続できるのか?そのためにはどのような努力をして、どのような方向性を見出さなければいけないのか?ラヒムは身をもって僕に教えようとしているのか?
 
その夜、彼はオフィスに招待してくれて一冊の本を僕にくれた。
Catalytic Formations
By Ali Rahim
    
彼はここにまさに革新を起こそうとしている。
そして僕たちの革新は
それは
iwi矯正歯科
そして
i-station

 
これはわれわれが開発をし、世界特許を申請し、日本から世界に向けて普及していこうとしている矯正用インプラント
Innovation・・・・・・・・・
           to the world・・・・・・・・・
 
 
次号へ続く
 
 

ドキドキわくわく★enjoy矯正life★ 第15回  富士越え

連休をいただき親友とグアムにいってきました 
ビーチでのんびりお昼寝したり  夕日見ながらビール飲んだり 左ハンドルでドライブしたり 
と・に・か・く・満喫してきました 

そして、もう一つの目的が、スカイダイビングです 
人生で一回くらいは飛んでおいた方がいいかなーって思って 
今でも思い出すだけで・・・ニンマリしちゃう  最高でした 

なんと4200メートルから飛んだんです 
3776メートルの富士山を越えてる 

富士越えとなる当日。
朝8時半にホテルでピックアップされました。
到着するとすぐにビデオ説明が始まり、いきなり免責同意書にサインを書かされました 
内容が重くて重くてビビりまくり… 

一息つく間もなく、すぐにジャンプスーツに着替えるように指示され 

もう  といった感じ・・・・・
私たちの心の準備は全くと言っていいくらいできてなーい 
けれども・・・・
担当のインストラクターが機材を装着してくれましたが、慣れた手つきですぐ終了し移動です 
一緒に飛ぶ人は私たちを含めて6人。
飛行機へ向かうとき、まるで
映画アルマゲドンのワンシーンみたいでした  
興奮してくる 
飛行機にインストラクターと交互に乗り、しばしの遊覧飛行とのこと  

で・す・が  落ち着いてはいられません 
私以上に友人が怖がり、顔が青白くなって冷たくなっていましたが 
ここまで来たら楽しむしかなーい  

4200メートルという意味の分からない高さ…  
 
怖いを通り越していました 
 

これぞ…恐怖の向こう側  
 
 

そんな私たちとは裏腹に異常な位テンションの高いインストラクター達でした 

そして・・・・
ついに キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
 
 
 
続。
 
※ただいま矯正ブログ公開中!メンバーの広場よりお入りください
 

 
 

DR.今野の「矯正のぞき穴」  杭

出来なかったことが出来たとき、ひとはとても嬉しい気分になります 。
片手の歯がゆさを思い知った「袖のボタン閉め 」、マメをつくりながら手が鉄臭くなった「鉄棒の逆上がり 」、親が後ろで支えていると思いじつは一人で走っていた「自転車の補助輪からの卒業  」・・・だいぶ昔話になりましたが、皆さんも似たような経験がありますよね?
矯正治療においても時代によって出来なかった治療がありました 。
使えるモノや技術がその時代には限られていたからです 。しかし医療も常に進化しています。
今回お話するのは『矯正用インプラント』です。
神宮前矯正歯科でもその有効性と利便性から、多くの患者様に提供させていただいています。
とても良い物で、これがなかった時代には治療も大変だったとか、仕上がりもいまひとつだったと聞くけれど、はっきりとはわからない・・・そんな方が多いのではないでしょうか?
先月のニュースレターの中で「動かしたい歯を動かし、動かしたくない歯は動かさない」と話題にしました。ちょっと想像力のある方なら、実際にはほぼ無理だと感じますよね。
隙間を閉じるのに両隣の歯を引っ張りあって、動かしたくない方の歯を動かさない  ??
スケート場でお互いにロープをもって引っ張りあえばお互いが引き合い動きます。それが普通です。
歯の動き方も物理的にはいっしょです。ではどのようにすれば動かしたい歯だけを動かせるのでしょうか?ヒントは片方の人が氷上に杭を立てて、つかまりつつ、再度引き合ったら・・・。
そうです、動かしたいもう片方だけが動きます。ようやく辿りつきましたが、その杭の役割が『矯正用インプラント』です 。ここ10年くらいにめまぐるしい発達をしています。
そして現在に至ってもそれに関する研究や報告がされています。神宮前矯正歯科でも新しい矯正用インプラントを開発し、より良い治療を提供できるように励んでいます。またインプラントに限らず、
皆様の矯正治療が懐かしい経験のように、良い思い出となれればと日々願っています 。

  

 

DR.林のブログ 紅のぱぱいや 第12回 自転車通勤

最近天気のいい日限定で週2位ですが、自転車通勤をしています。
片道一時間半位かかるのですが、とてもいい運動になって気持ちがいいことと、都心をまるまる横断する感じの道のりになるので、東京の名所観光してる気分になって楽しく自転車に乗れているんです。
 
ということで、一部ですが、今回はオイラの自転車通勤で出会う風景編です。
 
朝はまず、荒川を渡って日暮里あたりを走っていると
 

「肉のきたじま」前を通ります。たぶん金メダリストの北島選手の実家・・・だと思います。
 
 
北島選手はお父さん似・・・ですな。
 
 
のぼり坂のきつい千駄木から、白山通りに向かって下り坂を気持ちよく走り、東京ドームの横を通って水道橋へ。
 
 
飯田橋から神楽坂ってここか〜なんて思いながら、市ヶ谷に向かって外堀通りをエッチラオッチラ。
 
 
ふたたび上り坂を登って四ツ谷へ。
 
 
そして迎賓館の脇を通るのですが、ここの坂がまたきつい!
最後の関門です。
 
 
最後の坂を乗り越えたら、今度は緑が気持ちいい神宮外苑に入ります。
 
 

 
 
神宮球場やサッカーの聖地ナショナルスタジアムの横を軽快に走り抜ければゴールはもうすぐ。
 
 

  
ジャニさんやコパさんの家の前を通って、神宮前に到着〜。
 
朝は時間を気にしなければいけないので、できるだけ最短コースを模索して、このようなコースで来ることが多いのですが・・・
 

最近のテーマが途中でうまい朝めしを食べられるお店をみつけること。
 

 
ここは夜帰りに通った時に、乃木坂という場所のイメージとは違う雰囲気をかもし出していたのでとても気になっていた「魚真」さん。
 

 
今日ここのランチを朝ごはんとして食べてきました、「うにいくら丼」。
うまかった〜!今度は夜の時にも来てみたいですね。
 
帰りは時間を気にしなくてもいいので、できるだけ朝とは違う道で帰ります。
 

 
最近のお気に入りはまず青山から六本木ヒルズを正面に見ながら乃木坂へ
 

さきほどの魚真さんの前を通り過ぎてミッドタウン前を通り
 

国際色豊かな人々で溢れる六本木をぱとろーる。すごい活気に溢れていて、特に週末の時の雰囲気には圧倒されてしまいます。
 

そのまま外苑東通りを進むと今度は正面に東京タワーが現われます。
 
 
ちなみに朝だとこんな感じ。
 

 
ライトアップされたきれいな東京タワーの脇を下り坂なので気持ちよく走り抜け
 

 
ある時は神田商店街を通って
 

 
東京駅前を通ることもあれば、
 
 
違う日には秋葉原を通って
 

 
上野経由にする時もあります。
 
また、体力と時間にもっと余裕があるときは
 
 
新橋のガード下街を通って
 
 
銀座をぱとろーる。
 
 
そのまま浅草まで一気に北上。
 

 
帰りはとてもお腹が空いている状態で自転車を漕いでいるので、こんな感じのお店の前を通ると、誘惑に負けないようにするのが大変です。
 
 
特にこんな屋台にちらほら出会うのですが、もうたまりませ〜ん
 

浅草を過ぎるとあとは南千住まで隅田川沿いをサイクリング。川沿いなので暗くてわかりづらいと思いますので
 

朝通るとこんな感じです。
 
 

ここもとても気持ちのいいスポットなので、できるだけ通りたい好きな道です。
 
自転車で通勤するようになって、時には行きかう人々の会話まで聞こえてきたりして、その街・街ごとのそれぞれ違う雰囲気をとても感じるようになりました。電車やバイクではわからなかった・感じられなかった東京の新発見が、何かしら毎回あるので、楽しく続けられています。
 

なぁ〜んて、本当は電気チャリだから体力的にも続けられているのかも
でも始めの方は片道でバッテリーを使い切ってしまい、かえって重いチャリンコになるくらい電動アシストしてもらっていましたが、体が慣れてきたせいか最近は半分位しかバッテリーを消費しなくなりました。
 
自転車通勤、体にも心にもエコにも財布にもやさしいのでオススメです
 
 
 

※ただいま矯正ブログ公開中!メンバーの広場よりお入りください
 

 

矯正装置が外れた方(5月21日〜6月20日)

今月は20いらっしゃいました。                   
おめでとうございま〜す!!メンバー一同お喜び申し上げます。来月も装置が外れる方がたくさんいらっしゃいますよ。 
 
 
▲このページの最上部へ
裏側矯正
歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正
神宮前矯正歯科
こだわり
プロフェッショナル
技 術
予約受付
日本舌側インプラント矯正研究会
サイト内検索
メンバーのブログ
IWI矯正歯科 WEB SITE OPEN!
探求心とこだわり〜最先端の裏側矯正〜
NEW OPEN! IWI 矯正歯科紹介 MOVIE
オリジナルストーリー〜矯正治療を始めたい方へ〜
舌側矯正・インプラント矯正を学びたい先生 大募集!!
求人情報
神宮前矯正歯科Twitter 神宮前矯正歯科Facebookページ
PageTop