神宮前矯正歯科
神宮前矯正歯科Top > 神宮前矯正歯科 > メンバーの広場 > 夢の実現に向けてさらなる一歩を (Section 6)

夢の実現に向けてさらなる一歩を (Section 6)

ラヒム3度目の来日

今回はばっちり到着の30分前に空港に到着。もう遅刻はしません。3度目の正直。人は反省するものです。
ラヒムに前もってメールで
「今度の来日のとき到着口から出てくる格好良いところをビデオに撮りたいから、よろしくね」
と頼んでおきました。
いいポジションを陣取ってスタンバイOK。
電光掲示板に飛行機の到着が表示されました。
「さあー出てくるぞ。ラガーはビデオを持って、田中さんはカメラを持って。ばっちり撮ろうね」
30分が経ち、出て来ません。
「もう、そろそろだぞ」
1時間が経ち、まだ出て来ません。
「おかしいな?何かあったのかな?まさか飛行機に乗ってないなんてないよね?」
「他の到着口から出たのかも知れないから、私ちょっと見てきますね」
と田中が他の到着口を見に行ったが見当たらず。
「検問で引っかかっているのかな?ちょっと聞いてきます」
それもなく。
そんなこんなしているうちに1時間30分が経ち、突然田中の電話が鳴りました。
「田中様ですか。アリラヒム様という方が到着口Aでお待ちです」
急いでいってみるとラヒムが国内線のソファーに座っていました。
「心配したよ。到着口Bで1時間半くらい待っていたんだけど」
「そうだったの。僕も1時間くらい待っていた。こっちの到着口しか知らないから」
でも会えて良かったあー。
なかなかうまくいかないものですね。



価格交渉

いよいよ建設会社との打ち合わせが始まりました。
ここでいかに金額を下げられるかで工事が実現できるかどうかが決まります。

見積書の明細を見ながら金額を落としていきます。
「この部分はなぜこんなに高いの?もっと下げられないの?この材料を違うものに変えたらどうなの?」
しかしながら一向に予算内には達しません。一社あたりの話し合いの時間は2時間です。すでに2時間は越えていますが話し合いは終わりません。他の業者は別の場所で待機しています。30分を超えて、やっと次の業者との話し合いが始まりました。
他の業者でも同じことが・・・・
時間は刻々と過ぎて行き、またしても次の業者を待たせることに。
打ち合わせはすべて終わり、結局どの業者も予算に達しませんでした。

その日の夕食はいつものように和やか雰囲気はなく、暗く沈んだものでした。
「ヤスヒロ。あなたはどこの業者にするか決めなければいけない」
「そんなこと言われてもこの金額では無理だ。中国から輸入することはできないの?何か違う手立てを打たなければ、金額を落とすことは無理だよ」
「確かにその方法だと金額を落とすことができる。しかし工事が2〜3ヶ月伸びるよ。その場合発生する金額を考慮しなければいけないよ」
「それでも安くなるのであれば。その方法も踏まえて、もう一回業者と話し合いをしたい」
「OK。そうしよう。それから、明日は業者にあなたの予算を言うべきだ。最後にもう一回直談判をしてみよう」

次の日急遽もう一度話し合いがもたれることになりました。
「今日来てくれて感謝するよ。中国でパネルを作って輸入する方法だとどれくらい金額を落せる?」
「その場合、製品の精度が問題になると思います。依然やったとき、作り直しになって結局は高くなった経験があります。またそれを調べるには少し時間を貰わないと」
「OKそうしてくれ。この数を半分に減らせばどれくらいになる?またこの部分はあなたの会社だけ高いんだけど、どうしてなの?」
それでもなかなか予算内には届きませんでした。
「ヤスヒロ、いくらだったら出せるのかはっきり言ったほうがいいよ」
とラヒムに言われて予算を述べました。
「はっきり言ってこの金額で精一杯です。もうこれ以上は出すことができません」
「うーん、そこまで落とすことができるかどうかは難しいですね。また今連休で工場が閉まっているので、どれくらいまで落とせるかはっきり解りません」
「OK解った。私が帰って5日後に最終見積もりをあげてくれ」
結局他社との話し合いも同じ結果に終わり、ラヒム来日の間には金額が出ないことになりました。本当なら施工業者が決まって、明日は設計の打ち合わせだったはずなのに。



こだわり??

次の日は1日フリーになりました。
ラヒムに何をしたいって聞くと
「靴下を買いに行きたい」
彼は靴下は日本製に決めているそうです。外国製は彼には大きく日本の靴下がぴったり合うそうなのです。
靴下売り場のおばさんにサイズを聞かれ
「23cm」
「え、そんなに小さいの」
私たちはびっくりしました。だって彼は身長が180cm以上あります。
「そんなに小さい訳ないでしょう」
「本当だよ。握りこぶしを作ってそこの周径が足の長さと一緒なんだよ。人間の体の中には同じ長さの部分がたくさんあるんだよ。」
そういって23cmの靴下を握りこぶしに巻きつけて
「ほらぴったりでしょう」
でも23cmの田中の足と比べて、どう見てもラヒムの足のほうがデカい。
店員のおばさんの提案で足を図ることになりました。
「25cm」
「あれ?そんなに大きかったの?でもこっちのほうがぴったりくると思うんだけど、どう思う」
それでも23cmの靴下のほうがいいと主張します。
「そうかな。それだとちょっと小さいんじゃない」
と全員に説き伏せられ、それでも間を取って24cmの靴下を買うことになりました。
世界的な建築家はこだわりが違う・・・・



救いの神となるか

ついに最終見積もりが出る日が来ました。
蓋を開けてみると、私の予算にはほど遠いものでした。
「あーだめだ。これまでがんばって来たのに。終わった!」

しかしその後でした。
ラヒムが各社にメールを打ちました。
「今回のこの計画は世界的なプロジェクトだ。その宣伝効果はどれほど莫大なものになるか考えて欲しい」
ラヒムの名声から考えると世界中の建築雑誌に取り上げられるに違いない。この宣伝効果を考えると確かに莫大なものになる。
次の朝でした。ある建築会社の社長さんがスーツを着て私たちの会社にいらっしゃいました。
「私たちにやらせて頂けないでしょうか。新しいことにチャレンジしてみたいのです。もしやらせていただけるのなら、この金額でやらせていただきます」
その金額を見たとき私は飛び上がらずには要られませんでした。予算はオーバーしていたのですが、かなり近づいた金額でした。
「これなら何とかできるかも」

何とか施工会社が決まりました。そして工事は来年の1月末の竣工に向け着工することとなりました。

いやそうなるはずでした。・・・・

next
ラヒム4度目の来日 プロジェクトは難航?!
 
目次へ戻る
今すぐ!! 無料カウンセリング予約
今すぐ!! 無料カウンセリング予約
▲このページの最上部へ
見えない矯正
歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正
神宮前矯正歯科
こだわり
プロフェッショナル
技術
日本矯正歯科学会 専門医
患者様の声
学会・発表
メディア掲載
予約受付
日本先進矯正歯科学会
治療例
サイト内検索
メンバーのブログ
IWI矯正歯科 WEB SITE OPEN!
探求心とこだわり〜最先端の裏側矯正〜
NEW OPEN! IWI 矯正歯科紹介 MOVIE
オリジナルストーリー〜矯正治療を始めたい方へ〜
舌側矯正・インプラント矯正を学びたい先生 大募集!!
求人情報
神宮前矯正歯科Twitter 神宮前矯正歯科Facebookページ
PageTop