神宮前矯正歯科
神宮前矯正歯科Top > iwi矯正歯科(アイウィー矯正歯科)

神宮前矯正歯科のファーストクラス iwi矯正歯科 OPEN!

 

 
平成13年にオープンした神宮前矯正歯科は舌側矯正専門クリニックとして、様々な進化を遂げてきました。
 
そして、2010年2月14日
 
よりパーソナルサービスを重視し、最高のサービスと、最先端の技術で患者様をお迎えする「iwi矯正歯科(アイウィー矯正歯科)」がOPENいたしました。
 
今回の内装は、世界的に有名なNYの建築家“Ali Rahim”(アリ・ラヒム)本人が手がけてた力の入った日本初の作品です。
 
今まで見たことがないような、斬新的なクリニックで、最高のパーソナルサービスと共に、お口元の悩みを解消し、あなたの笑顔作りのサポートをさせて頂きます。
 
詳しいお問合せ先
0120-418-376 神宮前矯正歯科 iwi矯正歯科予約係まで
 
 
 
 

DR斉宮の「夢の実現に向けてさらなる一歩を」

Ali Rahim(アリ・ラヒム)とのiwi矯正歯科オープンへまでの軌跡を院長日記で綴っております。

section1「突然の電話」〜「建築家決定」
section2「建築家『アリラヒム』」〜「来日決定」
section3「いざ空港へ」〜「新規オープンへの思い」
section4「共感」〜「いよいよ契約」
section5「ラヒム2度目の来日」〜「しかし、予算が・・・」
section6「ラヒム3度目の来日」〜「救いの神となるか」
section7「ラヒム4度目の来日」〜「日本建築の革命」
section8「新たな企画」〜「ますます便利な神宮前矯正歯科へ」
section9「新しいクリニックの名前」〜「デザイナー選定」
section10「IWIロゴマーク打ち合わせ」〜「意気投合」
section11「NY到着」〜「Innovation to the world」
section12「プロローグ」〜「講演の依頼」
section13「発表までの長い道のり」〜「講演当日」
section14「12月3日〜ラヒムと祝杯」〜「はじまり」
 
 

Ali Rahim(アリ・ラヒム)について

 

CONTEMPORARY ARCHITECTURE PRACTICE (CAP) コンテンポラリーアーキテクチャープラクティス(CAP)について

CAP (www.c-a-p.net)は1999年創設、ニューヨークシティ、ソーホーを拠点とする建築デザインオフィス。 先進のデジタル技術と製作技術を駆使した作品で数々の賞に輝き、業績を確立している。 基本設計から、住宅空間、商業施設、さらに製品にまで広範囲なデザインプロジェクトを担当。CAPに関連する書物として『Catalytic Formations(触媒形成)』が出版されており、現在第2版となっている。


CAPは数多くの専門誌で紹介されており、最近の掲載誌にはハーバード・デザイン・マガジン、A+U(アーキティチャ&ユーバニズム)、ドームズ、 デア・シュピーゲルなどがある。他にも、ロンドンのアーキテクチュラル・デザイン、イエール大学出版のコンストラクツ、 デンマークのアルキテクテン、 モスクワのモニター・アンリミテッド、スレート、中国のスペース、ミラノのアルキテトゥーラ、ニューヨーク・タイムズ各誌をはじめ、過去多数の雑誌に紹介されている。
受賞歴としては、 FEIDAD 2006の「Outstanding Award(傑出賞)」、2007年照明器具「Opale」によるアーキテクチュラル・レコード誌の「Product of the Month(今月の製品)賞」 のほか、2005年「10名の国際的に著名な評論家、建築家、学芸員」の企画によるフェイドン・プレス誌の「10x10_2」への入選、2004年アーキテクチュラル・レコード誌のデザイン・ヴァンガードへの「建築の未来を建設する」世界11の建築デザインオフィスとしての入選などがある。

CAPの最近のプロジェクト作品展示会場としては、ニューヨーク近代美術館、テルアビブ美術館、ロンドンのサーペンタイン・ギャラリー、ドイツのエッセンでのEntry 2006博覧会などがある。
その他、ニューヨークのアーティスツ・スペース、2005年ロンドンの王立英国建築家協会(RIBA)、2006年上海建築ビエンナーレなどでも展示が行われた。CAPでは、欧米トップレベルの教育を受けた受賞経験アーキテクトがプロジェクトの設計を担当する。


ディレクターについて

 Ali Rahim (アリ・ラヒム)
アーキテクト。ペンシルバニア大学の永久建築設計部のメンバー。近年オーストリア、ウィーンの応用美術大学のザハ・ハディド客員教授に任命されるが、他にも、イエール大学ルイ・I・カーン建築学客員教授、またハーバード大学建築学客員教授として教鞭をとった。著作としては 2006年12月出版『Catalytic Formations: Architecture and Digital Design(触媒形成:建築とデジタルデザイン)』とJohn Wiley and SonsAcademy Editions出版の Architecture Design叢書として2冊、2000年『Contemporary Processes in Architecture(建築における現代的処理)』および2002年『Contemporary Techniques in Architecture(建築における現代技術)』などがある。

Hina Jamelle(ハイナ・ジャメル):アーキテクト。ペンシルバニア大学大学院建築デザインアトリエにて教鞭をとる。2007年12月サーフィス誌アメリカンアヴァンギャルド特集号に氏の生徒作品が掲載されるが、この年1回の特集号は米国有数のデザイン学校の卒業生作品を紹介するもので、氏が次世代のリーダーとイノベーターとなる最も優れた輝かしいアーキテクトの教育に携わっていることを証している。著書としては、2007年3月John Wiley and Sons社、Academy Editions出版による『Elegance』がある。
 
 
 
 
▲このページの最上部へ
見えない矯正
歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正
神宮前矯正歯科
こだわり
プロフェッショナル
技術
日本矯正歯科学会 専門医
患者様の声
学会・発表
メディア掲載
予約受付
日本先進矯正歯科学会
治療例
世界一わかりやすい矯正の本
サイト内検索
メンバーのブログ
IWI矯正歯科 WEB SITE OPEN!
探求心とこだわり〜最先端の裏側矯正〜
NEW OPEN! IWI 矯正歯科紹介 MOVIE
オリジナルストーリー〜矯正治療を始めたい方へ〜
舌側矯正・インプラント矯正を学びたい先生 大募集!!
求人情報
神宮前矯正歯科Twitter 神宮前矯正歯科Facebookページ
PageTop